iPS 再生医療 アロエ インスリン 糖尿病 発見 エンディングノート コエンザイム Q10 コーヒー 糖尿病 ゴーヤ 血糖値 糖尿病 ストレス セミナー タニタ 糖尿病 生活習慣病 健康 カルテ ダイエット チベット 政治 ブログ アクセスアップ ランキング レプチン 脂肪細胞 血糖値 糖尿病 万能細胞 幹細胞  冷え 糖尿病 合併症 糖尿病 新型インフルエンザ 糖尿病 新型インフルエンザ 糖尿病 基礎疾患 患者 書籍 本 糖尿病 医学 桑 くわ クワ  歯周病 糖尿病 生命保険 病気 痛風 糖尿病 睡眠 糖尿病 生活習慣病 糖尿病 糖尿病 ツボ 血糖値 糖尿病 医師 糖尿病 病気 QOL 糖尿病 血糖値 糖尿病 血糖値 タマネギ 糖尿病 血糖値 治療 闘病記 ツボ 糖尿病 闘病記 糖尿病 闘病記 正解糖尿病デー 糖尿病 闘病記 赤ワイン 糖尿病  糖尿病 β細胞 糖尿病 がん 血糖値 糖尿病 インスリン 糖尿病 ダイエット 糖尿病 ネットワーク 糖尿病 メタボ 糖尿病 メタボリック 糖尿病 ワイン 血糖値 糖尿病 万能細胞 糖尿病 二型 糖尿病 保険 糖尿病 健康茶 糖尿病 公募 糖尿病 医師 専門 糖尿病 新型インフル 糖尿病 歯周病 糖尿病 生活習慣病 糖尿病 生活習慣病 闘病 糖尿病 病気 糖尿病 病気 ダイエット 糖尿病 睡眠 糖尿病 神経障害 糖尿病 糖分 糖尿病 糖質制限 糖尿病 薬害 糖尿病 血糖値 糖尿病 血糖値 インクレチン 糖尿病 血糖値 闘病記 糖尿病 運動 ウォーキング 糖尿病 酒 糖質ゼロ 糖尿病 闘病 糖尿病 闘病記 糖尿病 闘病記 ウォーキング メタボ 糖尿病 闘病記 運動療法 ウォーキング 糖尿病 闘病記 食事療法 糖尿病 食事  糖尿病 高血糖 メタボ 糖質オフ 肝臓 脂肪肝 自然療法 糖尿病 血糖値 血糖値 糖尿病 血糖値 糖尿病 糖 吸収 遺伝子 闘病記 高血圧 高血糖

500円で血糖値検査ができる 「ワンコイン検診」

画像はイメージです。 500円で糖尿病を早期発見! 「ワンコイン健診」の利用法:PRESIDENT Online - プレジデント定期的な健康診断を受けていない人が薬局の店頭などで買い物などのついでに気軽に血液検査ができる場所として、「検体測定室(ゆびさきセルフ測定室)」が開設されているのをご存知だろうか。被検者が自分で人差し指などの先を消毒し、専用の細い針を刺して微量な血液を採取すれば、数分で血糖値や中性脂肪値などが測定できる。初めてのときは、自分で針を刺すのが少し怖いが、通常の血液検査のように注射器で血液を採取するわけではなく、1~2滴血液を取るだけなので意外と痛みは少なく簡単だ。 検体測定室は、昨年4月に臨床検査技師法の一部が改正されてできた制度。これまでも自分で採血するセルフ健康チェックサービスを実施する企業や薬局はあったが、法的根拠が不十分なグレーゾーンとされ、管轄する保健所によってはセルフ血液検査の実施が認められない場合があった。しかし、法改正による規制緩和によって、検体測定室の届け出をしている薬局や企業であれば、利用者の自己採血による簡易血液検査を行うことが可能になった。検体測定室の運営責任者となれるのは、医師、薬剤師、看護師、臨床検査技師。検査が可能な項目は、血糖値、ヘモグロビンA1c(HbA1c)、中性脂肪など、メタボリックシンドロームかどうかを調べる特定健康診査(特定健診)と同じ8項目(表)だ。 昨年、検体測定室第1号開設者となったのは、2008年から、5…

続きを読む

糖尿病にはパン好きが多いという事実とおすすめのふすまパン

自分自身を振り返っても無類の炭水化物好きだった。 特にパンは大好き。 まわりのお仲間もそうだし、予備軍たちも大体そうだ。 問題はパンの糖質の多さ。 これを糖質が少ないふすまに変えた低糖質でおいしいパンがあるのでこれに食べることで随分と血糖値の上昇を抑えることができる。 まずはやすいものから試してはいかがだろう。 糖質オフ・糖類ゼロ・糖質制限ダイエット中の方におすすめ。小麦ふすま使用。主食 パン【糖類...価格:1,750円(税込、送料込) その他の製品はコチラから。かなりのラインナップ。 ↓ グルメdeりぼん

続きを読む

やっぱりアロエがいいらしいです、インスリンの分泌の促進

医者いらずの名で知られるアロエ、糖尿病にも抜群な効果が! | 健康生活 – 元気の秘訣を毎日お届け アロエと言うと皆さんどのような効果が有ると思いますか?傷に良い、便秘に良い等色々な効果が思い浮かぶと思います。これらの効果の他にアロエは糖尿病にも効果が有る事が解かってきました。 糖尿病は、膵臓からでるインスリンの不足により、血中の糖の量が増えてしまう代謝異常の病気です。このアロエに含まれるアルボランA・Bと言う多糖類が、インスリンの分泌を促進したり、インスリンを分泌するベーター細胞を保護したり再生させる効果が有るのです。 またマウス実験の段階ですが、アロエにインスリンやオイルゴルゴンといった血糖降下剤と同等の効果が有り、血糖値を下げ正常値に保つ働きが有る事が解かってきました。 他にも血中の糖を増やすアミラーゼの働きを抑制したり、腸での糖の吸収を抑える働きが有るのです。アロエにこれだけの効果が期待できるのならば、糖尿病予防のためにも日頃から体に取り入れていきたいですね。 これが事実ならもうアロエを生活の一部にすべきですね。 書いてあることがすごいです。 話半分にしても 自分で確認するのが一番です。 何でもいいことはやりましょう!! というのがこのブログの基本姿勢ですから。 探しました、 これ!アロエエキスの原液です。しかもキダチアロエ。 無農薬・有機肥料栽培のキダチアロエの健康飲料「キダチア…

続きを読む

春は肝ケアが大切という話

その疲れや不調、肝臓が原因かも! 春こそやっておくべき「肝ケア」徹底ガイド| nikkei BPnet 〈日経BPネット〉冬の寒さのピークが過ぎ、春の陽気を感じられる日もちらほら出てきた今日このごろ。でも「だるくて疲れが取れない」「目覚めが悪い」「肌や髪の調子もイマイチ…」といったことはないだろうか。その症状は、もしかしたら肝臓が疲れでぐったりしていることが原因かもしれない。   漢方では、春は肝臓が活発に機能し始める時期とされている。冬の間に貯まった老廃物を“解毒”して、全身が元気よく動き始めるこのシーズンに肝ケアをおろそかにすると、長く体の不調を引きずることになりかねない。いまの時期こそ知っておきたい、肝臓をいたわる食事や生活習慣を紹介する。 >肝臓は多くの機能をつかさどるが、重要なのは二つなので覚えておいてほしい。  一つは解毒機能だ。腸から吸収した栄養分はまず肝臓に入る。ここで体にとって不要なもの=毒となるものを分別して、体の外へ排出ルートに送り出す。有害物質も薬もアルコールも、この肝臓で分解処理されるのだ。  もう一つの機能は、腸から吸収した栄養分を作り変え、体の中で使いやすい形にして全身に送り出すというもの。つまり、肝臓は私たちの肌も、髪も、血液も、筋肉も、全身を作るための材料を供給している“工場”なのだ。春のカラダ再生に、肝臓が最も大切なのはこのためだ。詳しくは「春の不調の原因は『お疲れ肝臓』と『へたれ腸』」を参考にしてほしい。 へたれ腸とお疲れ肝…

続きを読む

もっと見る

【私のブログ】
ソーシャル系広報ブログ『蛙の目』
https://ameblo.jp/blc/
私のソーシャルサービス
私のcoconalaサービスの解説
ご利用ください

高品質・低価格でプロから選ばれているモノクロ冊子専門の印刷会社|立葉印刷株式会社
立葉印刷