2017年04月13日

アップルが糖尿病センサーを開発しているらしい

[12日 ロイター] - 米アップル(AAPL.O)は、糖尿病治療に用いるセンサーを開発する構想の一環として、バイオ医療工学のエンジニアらを採用した。米CNBCが関係筋3人の話として報じた。 この構想は創業者の故スティーブ・ジョブズ氏が想起したという。 エンジニアらはカリフォルニア州パロアルトの事務所で開発に取り組むとみられている。 アップルのコメントは取れていない。 http://jp.reuters.com/article/apple-diabetes-idJPKBN17F016 ジョブスの計画の中にあったらしい。 ぜひ実現してほしい。
タグ:糖尿病
posted by ブラックコーヒー at 11:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 糖尿病ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月23日

500円で血糖値検査ができる 「ワンコイン検診」

diabetes-776999.jpg
画像はイメージです。
500円で糖尿病を早期発見! 「ワンコイン健診」の利用法:PRESIDENT Online - プレジデント
定期的な健康診断を受けていない人が薬局の店頭などで買い物などのついでに気軽に血液検査ができる場所として、「検体測定室(ゆびさきセルフ測定室)」が開設されているのをご存知だろうか。被検者が自分で人差し指などの先を消毒し、専用の細い針を刺して微量な血液を採取すれば、数分で血糖値や中性脂肪値などが測定できる。初めてのときは、自分で針を刺すのが少し怖いが、通常の血液検査のように注射器で血液を採取するわけではなく、1〜2滴血液を取るだけなので意外と痛みは少なく簡単だ。

検体測定室は、昨年4月に臨床検査技師法の一部が改正されてできた制度。これまでも自分で採血するセルフ健康チェックサービスを実施する企業や薬局はあったが、法的根拠が不十分なグレーゾーンとされ、管轄する保健所によってはセルフ血液検査の実施が認められない場合があった。しかし、法改正による規制緩和によって、検体測定室の届け出をしている薬局や企業であれば、利用者の自己採血による簡易血液検査を行うことが可能になった。検体測定室の運営責任者となれるのは、医師、薬剤師、看護師、臨床検査技師。検査が可能な項目は、血糖値、ヘモグロビンA1c(HbA1c)、中性脂肪など、メタボリックシンドロームかどうかを調べる特定健康診査(特定健診)と同じ8項目(表)だ。

昨年、検体測定室第1号開設者となったのは、2008年から、500円で気軽に血糖値などが測れる「ワンコイン健診」を実施するセルフ健康チェックサービス事業を展開してきたケアプロだった。東京・中野と荻窪、高幡不動、神奈川県川崎市内の商業施設や駅前に4店舗の検体測定室を展開し、買い物や通勤のついでに簡易検査が受けられる。また、駅の中やスーパー、パチンコ店などでも、健康チェックイベントとして簡易検査を実施している。
続きをお読みください
posted by ブラックコーヒー at 05:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 糖尿病ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月16日

男性の尿漏れ対策、どうしてますか

【暮らしのハテナ】中高年男性の尿漏れ、どうすれば…ズボン・下着の汚れ防ぐ専用パッド、排尿前なら治療の対象に(1/4ページ) - MSN産経west
排尿したはずなのに、尿の切れが悪く、下着やズボンを汚してしまう−そんな「ちょい漏れ」に悩む男性が少なくない。男性の尿漏れは女性ほど一般的に知られていないだけに、1人で悩む人も。だが最近、男性用の尿漏れ吸収パッドや、専用の下着などが相次いで発売されるなど市場も変化、QOL(生活の質)を上げるための対策も広がっている。
ちょっと気になる記事がありました。 尿漏れ 確かに年齢があがると気になります。
男性の尿漏れには、排尿前と排尿後の2つのパターンがある。大阪大学医学部付属病院泌尿器科の木内寛医師は、「排尿前であれば過活動膀胱(ぼうこう)の人がほとんど。治療の対象になります」という。ただし、前立腺肥大症などの病気が潜んでいる可能性もあり、注意が必要だ。   一方、排尿後の尿漏れは、なぜ起きるのか、医学的にははっきりとわかっていない、という。「尿はおそらく膀胱からは出ていて尿道に残っている状態と思われます。ならば、尿道からどうやって尿を出すかが問題になります」
※過活動膀胱は「急に我慢できないような尿意が起こる」「トイレが近い」「急にトイレに行きたくなり、我慢ができず尿が漏れてしまうことがある」などの症状を示す病気です。 詳しくは → 過活動膀胱(OAB)とは?|排尿トラブル改善.com 露骨な表現ですが、排尿後対策としては
男性の場合、尿道は膀胱側から、前立腺部尿道、膜様部尿道、球部尿道、振子(ふりこ)部尿道の4つの部分から成っているが、球部尿道はほかの尿道より太く、その名の通り、丸みを帯びている。この球部尿道に尿が残っている可能性がある。   そこで対策として考えられるのが、会陰部(えいんぶ=陰部と肛門の間)を押して尿を押し出す方法。また「排尿後にしっかりと振って残っていた尿を排出する方法もあります」。
【尿漏れパッド】 今年(2014年)4月に発売された花王の「スマートガード」 ユニ・チャームも「ライフリーさわやかパッド男性用」を発売。 【尿漏れ対策下着】
ワコールが24年に立ち上げた50代、60代男性向けブランド「BROS GRANDE(ブロスグランデ)」。前開き部分に尿を吸収できるよう、ナイロンやポリウレタンなどの素材の当て布を施したパンツが、年間で1万枚というヒット商品となった。
続きを読む
posted by ブラックコーヒー at 06:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 糖尿病ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月11日

盲腸は取らない方がいいらしい−免疫細胞を供給している

虫垂むやみに取らないで 腸内細菌バランス保つ - 47NEWS(よんななニュース)
体に必要ない組織と考えられていた虫垂が腸に免疫細胞を供給し、腸内細菌のバランスを保っていることを大阪大などのチームがマウスで明かし、10日付の英科学誌ネイチャーコミュニケーションズ電子版に発表した。  

チームの竹田潔大阪大教授は「虫垂をむやみに取らない方が良い」と話す。腸内細菌のバランスが崩れて発症する潰瘍性大腸炎やクローン病の新しい治療法開発も期待される。  

虫垂は盲腸の端から伸びる細長い組織。体内に侵入した病原体などを攻撃する免疫細胞を作る働きを持つ。

だが虫垂炎を起こすことがあり、他の病気の開腹手術の際、大きな影響が出ないとして切除されることがある。


やはり重要な役割を果たしていることがわかったようです。

無駄なものはひとつもないのが人体なのでしょう。

続きを読む
posted by ブラックコーヒー at 18:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 糖尿病ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月03日

2013年11月14日世界糖尿病デーです

世界糖尿病デー 公式ホームページ 世界糖尿病デーとは 拡大を続ける糖尿病の脅威を踏まえ、2006年12月20日、国連は国連総会義で、IDFが要請してきた「糖尿病の全世界的脅威を認知する決議」を加盟192カ国の全会一致で可決しました。同時に、従来、国際糖尿病連合(IDF)ならびに世界保健機関(WHO)が定めていた11月14日を「世界糖尿病デー」として指定しました。IDFは決議に先駆け、”Unite for Diabetes”(糖尿病との闘いのため団結せよ)というキャッチフレーズと、国連や空を表す「ブルー」と、団結を表す「輪」を使用したシンボルマークを採用。全世界での糖尿病抑制に向けたキャンペーンを推進しています。 いろいろなイベントが開催されます。 ↓↓ 世界糖尿病デー 全国各地のブルーライトアップ
posted by ブラックコーヒー at 15:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 糖尿病ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

途上国に向けた日本の貢献:生活習慣病の予防プログラム

日本の貢献はいいですね。ただネット環境が整ってなければならず、途上国での問題はその点ですよね。 メタボ予防プログラムを開発 途上国向けに国立国際医療センター+(1/2ページ) - MSN産経ニュース
独立行政法人「国立国際医療研究センター」が、インターネットを使った発展途上国向けの生活習慣病「予防プログラム」を独自開発し、実用化に成功したことが2日、分かった。支援国の食習慣などとの因果関係を解析し、その国の事情に合った減量メニューを実現した。コンピューターソフトを使っての本格的な途上国向け生活習慣病対策は、ほとんど例がない。第1弾として現在、糖尿病患者が310万人超とされるベトナム向けに提供。今後、国際医療貢献の新たな「日本型モデル」として各国に広げていく。

"ネット環境さえ整っていれば使えるため、医師が遠隔地から指導することも可能だ。松下氏は「医療人材が不足している多くのエリアで役立つ」としている。  同センターが途上国の生活習慣病対策に乗り出したのは、経済発展に伴い、富裕層を中心に患者が急増してきたため。国際糖尿病連合は、2030年のインドネシアの糖尿病人口について、現在の1・5倍に当たる1180万人、フィリピンは743万人などと予測している。"
posted by ブラックコーヒー at 15:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 糖尿病ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月24日

ネットで遺伝子検査キットが大流行!

気になって調べてみたらこんなに遺伝子検査キットが発売されているのですね。 ちょっと驚きました。
posted by ブラックコーヒー at 00:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 糖尿病ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月20日

脳卒中になる確率が予測できる表を開発−藤田保健衛生大学

前の記事とともにこちらも気になる記事。
年齢が上がるとやはりいろいろと気になるなあ。まずい。

脳卒中になる確率、簡単に予測できる算定表開発 : 科学 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

40〜60歳代の日本人が今後10年間に脳卒中になる確率を自分で簡単に予測できる算定表を、藤田保健衛生大学の八谷(やつや)寛教授(公衆衛生学)らの研究チームが開発した。  年齢や血圧などの数値を点数化し、合計点数を求めると確率がわかる。健康への関心を高めることにも役立ちそうだ。



一度、自分の数字を当てはめてみてください。糖尿病はまず7点加算です。結構、糖尿病はリスクが大きいことがわかります。知ってはいるのですがね。




posted by ブラックコーヒー at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 糖尿病ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

EDと糖尿病、ちょっと気になるニュース

糖尿に動脈硬化 EDはその原因に注目すべき -朝日新聞出版|dot.(ドット)

EDの定義は、セックスするのに十分な硬さの勃起を得られないことと、十分な硬さを維持できないことです。原因はいくつかありますが、いちばん多いのが高血圧に起因する動脈硬化。病院のED外来で50歳以上の患者さん100人を診察すると、約20人は高血圧症にかかっています。  

血圧の高い状態が続くと動脈硬化が起こり血管が狭くなります。陰茎への血液も動脈を通って運ばれるので、体中の動脈硬化が起こると勃起に必要な血液が流れていかないのです。  

次に多いのが糖尿病。脳からの性的刺激は脊髄を通って骨盤の中の細い神経を通り陰茎に伝わりますが、長いこと糖尿が続くと、末梢神経が弱くなって刺激が陰茎に届かないわけです。


年齢とともにかなり気になる話題になりました。自分には関係ないと思っていたのですが…。


>そのほかにも、加齢による男性ホルモンの減少や海綿体の機能の衰え、ストレスやうつ病なども原因になるし、膀胱がんや直腸がん、前立腺がんなどの根治的手術で勃起に必要な骨盤内の神経と臓器を一緒に切除することで、EDを引き起こすこともあります。
【週刊朝日2013年3月29日号より】
posted by ブラックコーヒー at 16:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 糖尿病ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月12日

注射が不要な新たな糖尿病治療法ができるかもしれません



>ローレンス氏によれば、今まではインスリンがどのように受容体に結合するのかが分かっていなかったため、新しい種類のインスリンの開発には限界があった。しかし、今回の発見が「注射以外の治療法に道を開く新種のインスリンや、効果の向上や長期化によって頻繁に注射する必要がなくなるインスリンの開発につながるのではないか」(同氏)という。

これはすごい発見です。ぜひ実用段階まで早くもっていってほしいですね。

posted by ブラックコーヒー at 01:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 糖尿病ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月24日

疲労回復に効く栄養成分がわかる

疲れがたまりやすい季節にちょっと気になるニュースです。

疲労回復に効く栄養成分が明らかに 補助食品も登場
過剰摂取には注意

 日常生活に疲労はつきもの。最近の研究から予防や回復に役立つ栄養成分が分かってきた。体内で働く仕組みと人での効果を調べる、科学的な根拠に基づく成果だ。応用商品も登場している。ただ偏った摂取は思わぬ副作用を引き起こすため、依存しすぎには注意したい。
posted by ブラックコーヒー at 23:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 糖尿病ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月02日

少し気になる目の病気

10月10日は目の愛護デーだそうです。糖尿病は視神経も犯しますので用心が必要です。
定期的な検査を受けましょう。

東京新聞:40歳過ぎたら目も検診 緑内障、変性近視…少ない自覚症状:健康(TOKYO Web)

中年以降は、目にもさまざまな病気が出やすくなる。だが成人の眼科検診を実施している自治体や職場は少なく、気付いたときには、かなり進行していることも。目の病気で生活の質を落とさないため、眼科医らは定期的な検診を勧める。  

「視覚障害の主な原因となっている五つの疾患は、中高年で多発する」。国立病院機構東京医療センター・感覚器センター部長の山田昌和さんは、こう説明する。  

成人の失明原因を上位から挙げると、(1)緑内障(2)糖尿病網膜症(3)変性近視(4)加齢黄斑変性(5)白内障=メモ。これらの病気は、加齢に伴って目の組織が変化し、視力が低下していく。白内障を除いて、物を見る機能はいったん損なわれたら回復せず、治療も現状維持が目標になる。  

初期には自覚症状が少なく、発症に気付きにくいことが多い。山田さんは「症状の進行を早く止めるには、定期的に検査を受けて発症に早く気付くことが大事」と話す。  

例えば、視神経が損傷し、視野が欠けていく緑内障。四十歳あたりから発症が増え始めるが、発症直後に気付くことはまれという。視野が欠け始めるのは周辺部から。初期には、読書などで不便を感じにくく、気付いたときには、視野の欠損がかなり進んでいることが多い。発見が遅れ、症状の進行を遅らせる薬の点眼などの治療を十分に受けられないと、失明の可能性が高まる。  

緑内障の診断のため眼科医は、発症の要素の一つである眼圧が高いかを測定したり、視神経を診るため眼底検査をして視野を測ったりする。      
---------
◇ 眼底検査によって、糖尿病や動脈硬化、脳腫瘍といった目以外の病気が見つかることもある。  
しかし、二〇〇八年に導入された特定健診(メタボ健診)で、目に関する検査項目は、視力検査が外れ、眼底検査に比べて簡易で写真から判断する眼底撮影だけに。対象はメタボの基準に全て該当し、医師が必要と判断した人に限られる。メタボ健診が、生活習慣病を防ぐ保健指導を目的にしているためだ。眼科検診の簡略化で、目の病気に気付きにくくなったとされる。山田さんらの調査では、この基準で検診をしている自治体が八割以上という。  

目の病気は、生活の質を大きく落としかねない。東京慈恵会医科大病院眼科診療医長の中野匡さんは「早期発見のため、人間ドックや定期的に眼科医を受診してほしい」と話す。

◆緑内障以外の中高年期に発症しやすい目の病気  
【白内障】水晶体が濁って、物がかすんで見えたり、ぼやけたりする。水晶体を除去し、人工の眼内レンズを入れる手術で視力の回復も可能。  
【加齢黄斑変性】網膜の中心部に、壊れやすい新たな血管が生じるなどして、視野の中心部が欠けたり、物がゆがんで見えたりする。眼球に注射する薬で、症状の進行を抑える。片目で物を見て気付くことも。  
【糖尿病網膜症】糖尿病の症状の一つ。高血糖で網膜の血管がもろくなって出血し、視力が低下する。  
【変性近視】網膜が薄くなり、はがれるなどして、眼鏡をかけても正常な視力が得られないか、視野に異常が出る近視。



posted by ブラックコーヒー at 19:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 糖尿病ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月21日

増え続ける肥満 アメリカの話

太り続ける米国人、2030年には成人44%が肥満に ≪ WIRED.jp

米国社会における肥満の傾向がいっそう顕著になっている。人々が食生活を変え、もっとたくさん運動するようにならなければ、2030年までに相当数の米国人が肥満となり、その結果、米国の医療費負担が最大で660億ドルも増加する可能性がある。

この驚くべき予想は、米国時間18日に米国保健信託(Trust for America’s Health、TFAH)とロバート・ウッド・ジョンソン財団が公開したレポート「F as in Fat: How Obesity Threatens America’s Future 2012」(PDFファイル)のなかで報告されたもの。このリポートは政府統計をもとに将来の肥満傾向を予想したもので、事態が現状のまま推移すれば米国では将来的に2型糖尿病、冠疾患やその他の疾患が大幅に増える可能性があるという。


他人事ではないのですが、経験上の予測ですが、豊かなアメリカ社会がいつしか格差社会になり、リーマンショック以後は経済的な問題を抱える人が増えています。そうなると健康志向が強くダイエットが社会的な強さのバロメーターでもあった社会が崩れ始めているということのような気がします。

もともと糖分の多い食品が多い国ですので、貧困やストレスから自己管理が難しくなると肥満が増えるという構図で、これは日本にも当てはまります。


posted by ブラックコーヒー at 20:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 糖尿病ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月26日

女性は職場のストレスから糖尿病発症の危険性が高いようです



女性の方はストレスの感じ方が違い、影響を受け方も違うので糖尿病リスクが高くなるようです。

職場自体が男性社会である日本では特に、その傾向は強いですよね。

私も5年前極度のストレスから血糖値がおかしくなったように思います、たぶん。
posted by ブラックコーヒー at 12:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 糖尿病ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月18日

希少糖甘味料、全国拡販

希少糖甘味料、全国拡販/宇多津の新工場で量産へ | 四国新聞社

香川大などと希少糖の共同研究を進める総合でんぷんメーカーの松谷化学工業(兵庫県伊丹市)は、希少糖含有甘味料「レアシュガースウィート」を6月から全国の法人向けに販売する。来年5月には宇多津町に新工場が完成予定で、生産力の増強を前に全国に販路を広げ、受注量を確保する。  

レアシュガースウィートは、血糖値の上昇を抑える働きを持つ希少糖「D―プシコース」などを含むシロップ状の甘味料。カロリーは砂糖より低く、肥満や糖尿病の予防に効果があるとされる。  

同社は、香川大などの希少糖プロジェクトのスタートから参加し、レアシュガースウィートの製造を担う。昨年6月には県内企業向けに販売を開始。菓子メーカーや飲食店など27社が56商品に採用し、月間2〜3トンを販売している。  

同社は現在、本社工場でレアシュガースウィートを製造するが、番の州臨海工業団地(香川県宇多津町)に整備する新工場が完成すれば、量産が可能になる。新工場完成を1年後に控え、大手から中小までの食品加工業者などに売り込みを図り、工場稼働までに年間100トンの販売を目指すほか、稼働後の大口受注につながる契約獲得にも努める。



希少糖って何?: わが友・糖尿病(クオリティ・オブ・ライフ)で取り上げました。希少糖の量産が始まるようです。
>昨年6月には県内企業向けに販売を開始。菓子メーカーや飲食店など27社が56商品に採用し、月間2〜3トンを販売している。  
と書いてありますので、すでに製品化しているのですね。

楽天市場で探してみます。

ありました!!







posted by ブラックコーヒー at 15:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 糖尿病ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月07日

希少糖って何?

D-プシコースという糖類は自然にはまれにしか存在しないらしい。薬用植物にありそうだけど。調べてみよう。



希少糖に糖尿病予防効果/血糖値上昇を抑制
2012/05/05 09:34

 自然界にごくわずかしか存在しない希少糖を含む甘味料「レアシュガースウィート」に糖尿病の予防効果があるとみられることを、名城大と香川大、総合でんぷんメーカーの松谷化学工業(兵庫県伊丹市)の共同研究チームが4日までに明らかにした。ラットを使った実験で血糖値の上昇を抑制できることなどを確認したという。

 名城大薬学部の豊田行康准教授らによると、健常なラットにレアシュガースウィートを10週間にわたって投与し糖負荷試験を行ったところ、水を与えたラットに比べ、尾静脈中の血糖値が試験開始90分後で約1割、同120分後で約2割低いなど、血糖値がより速く低下した。インスリンを皮下注射した後の血糖値の下がり方についても約2倍の効果がみられた。

 豊田准教授は「健常な状態からさらに、血糖値の抑制効果、インスリンの効率的な作用ともに増強した。健康な人にも糖尿病を予防する効果が期待できる」と話している。試験では肥満症の予防効果も示唆されたという。

 レアシュガースウィートは、香川大を中心に研究している希少糖・D―プシコースなどを含むシロップ。松谷化学工業が製造し、同社が出資するレアスウィート(香川県三木町)が香川県内企業向けに販売している。
posted by ブラックコーヒー at 17:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 糖尿病ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月02日

4月から変わったことー糖尿病ヘモグロビンA1c値

4月からいろいろなことが変わります。
私たちが最も気にしているHbA1cも国際基準に変わります。

ということは日本の治療法指針も国際化するでしょうか。総カロリーではなく炭水化物のコントロールが世界の流れだと聞いています。

hba1c02.jpg
タグ:糖尿病
posted by ブラックコーヒー at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 糖尿病ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

HbA1cの国際標準化について

日糖協 ヘモグロビンA1cの国際標準化について

上記のリンク先に詳しくでています。

分かりやすくは
↓↓
http://www.nittokyo.or.jp/pdf/kinkyu/20120217/p001.pdf

hba1c.jpg
タグ:糖尿病
posted by ブラックコーヒー at 14:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 糖尿病ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月01日

喫煙者は糖尿病注意 6万人追跡調査で判明 Sankei Biz

禁煙成功しても五年間は体調管理をしっかりとということです。
禁煙は基本のようですね。

喫煙者はたばこを吸わない人に比べ糖尿病になりやすく、禁煙しても5年未満だと発症リスクは高いまま、との調査結果を、国立がん研究センターを中心とした研究チームがまとめ29日、公表した。分析を担当した国立保健医療科学院(埼玉県)の大庭志野・特命上席主任研究官は「禁煙成功後も安心せずしっかり体調を管理してほしい」と話している。

 チームは10都府県の40〜69歳の男女計約5万9千人を1990〜2003年の期間で10年間にわたり追跡。喫煙者は男女ともに、たばこを吸わない人と比べて糖尿病を発症するリスクが高い傾向があることが裏付けられた。禁煙して5年未満の場合、女性は吸わない人に比べ発症リスクが2・84倍、男性は1・42倍と高いままだった。

 男性を対象とした分析では、禁煙前に吸っていた1日当たりの本数が多いほどリスクは高く、1日25本以上だと2・15倍と判明した。

posted by ブラックコーヒー at 21:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 糖尿病ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月23日

必要な睡眠時間は年齢によって違う

Sankei Biz
快眠するには? 自分の「必要睡眠時間」を知ろう

> 不眠は高血圧のリスクを約2倍、2型糖尿病になるリスクを約2〜3倍にそれぞれ高めるとされる。65歳以上が鬱病になるリスクも約1・5倍にするなど心身に与える影響は大きい。

> どうすれば睡眠の質は高まるのか。日本大学医学部の内山真教授は「まず、自分にとってどれくらいの睡眠時間が必要かを知ること」と話す。

>不眠は高血圧のリスクを約2倍、2型糖尿病になるリスクを約2〜3倍にそれぞれ高めるとされる。65歳以上が鬱病になるリスクも約1・5倍にするなど心身に与える影響は大きい。

> 必要な睡眠時間は年齢によって変化するという。健康な人の睡眠時間の平均は、14歳=8時間▽25歳=7時間▽45歳=6・4時間▽65歳=6時間−など、個人差はあるが年齢を重ねると短くなることが確認されている。

大切なことが書いてあります。よく読んでみてください。
posted by ブラックコーヒー at 06:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 糖尿病ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

★株ドル「名波はるか」のプレミアムショッピングモールhttp://kabudoru.shop-pro.jp/

Powered by Seesaa


このBlogは「発見の日々」の作者blackcoffeeの糖尿病闘病記です。糖尿病のニュース。血糖値。高血糖。食品交換表。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...