歯周病が原因で血糖値が上がることがあるようです

“口は災いの元” 歯周病菌 糖尿病などのリスクに (2/2ページ) - SankeiBiz(サンケイビズ)花田教授らの近年の研究で、「歯周病菌は口から血管に入りやすく、血管の炎症を起こし、メタボリックシンドロームと同様に血管年齢を上げる」ことも明らかになってきた。歯周病菌を基にできる物質「TNF-α」が細胞に結合すると、血糖値を下げるはずのインスリンが効かず、糖尿病につながるという。  体のさまざまな病気との関連で、喫煙や飲酒、ストレスや栄養摂取の問題が言われている。「歯周病もまた、がんや呼吸器系疾患、心臓血管疾患、肥満、糖尿病、アルツハイマー型認知症のリスクにつながる」(花田教授)   歯周病を治療すると、血管年齢が戻っていくとのデータがある。こうしたことからも花田教授は「歯科分野でも、もっとこれらの病気の予防に取り組むことができる」と提言する。 TNF-αといえばインスリン抵抗性を来たす物質です。 TNF-α・TNF-αは、脂肪細胞からも血液中に分泌され、インスリン受容体のチロシンキナーゼの活性を低下させ、糖輸送能も低下させ、インスリン抵抗性を招く。   肥満者の脂肪細胞は、非肥満者の脂肪細胞に比べて、TNF-αのmRNA量は、訳2.5倍ある。   脂肪細胞や筋肉細胞には、TNF-αの受容体であるTNFR1(TNF-α receptor 1)とTNFR2(TNF-α receptor 2)の2種類が存在する。TNF-αによりTNFR1が刺激…

続きを読む

ブログ管理:URL補完実験

htmlで始まる文字列にリンクを付けるか付けないかの実験。付けてくれるサービスをURL補完というようです。使っているいくつかの無料ブログで実験中。 08:58 47news (47NEWS) 欧州主要空港再開めど立たず 経済、生活への影響懸念 http://wur.la/sCkLU <結果>seesaaBlogはURL補完はしてくれます。

続きを読む

体温が低いという症状について

ちょっと気になることがあるので書いて置きます。 あとでゆっくり調べてみることにします。 実は冬場の体温のことです。 発病して以来冬の寒さが身にしみます。特に寝ている間に体温が下がり、寒さで目が覚めることがあります。上からいくら掛けてもダメでまさに体の芯から冷えている感じです。 痩せたがら、糖質をあまり執らなくなったからと思っていたのですが、体の冷えは良くないと聞くとなんとかしたいと思うようになりました。

続きを読む

日本人に多い痩せ型糖尿病の認識が低いという調査

「日本人は太っていなくても糖尿病になりやすい」認知度は4割未満 - 医療介護CBニュース - キャリアブレイン日本人は太っていなくても糖尿病になりやすい体質であることを知っている人は全体の4割未満―。ノボノルディスクファーマはこのほど、こんな調査結果を発表した。同社では、日本人の体質について、「欧米人に比べて血糖値を下げるインスリン分泌能力が低いため、太っていなくても糖尿病になりやすい」と指摘。「太っていないから大丈夫と思っていても、過食や運動不足が原因で糖尿病を発症する可能性がある」としている。 とにかく日本人はインスリンの分泌能力が低いそうです。 関連記事 わが友・糖尿病(クオリティ・オブ・ライフ): やせ型の二型糖尿病発症リスクを高めている遺伝子が発見される! 私の場合、インスリンの分泌が少ない、遅いという感じなのでまさにこれです。

続きを読む

糖尿病死亡率1位の徳島県が研究の拠点化を目指す

NIKKEI NET(日経ネット):主要ニュース-各分野の重要ニュースを掲載糖尿病の研究と治療は徳島へ―。人口に占める糖尿病死亡率が全国ワーストの徳島県が、患者の多さという「弱み」を強みにし、世界レベルの研究・治療拠点づくりと事業化計画を進めている。  核となるのは今年中に徳島大に設置される予定の「臨床・研究開発センター」。研究者ら約100人が臨床研究や薬の研究開発などを行う。9月から約5年間、文部科学省の事業として年間3億円が支給される予定だ。  徳島県は2006年まで14年連続で、糖尿病による死亡率全国1位。車社会のためか、1日の歩数が全国平均より千歩も少なく、糖尿病の多い一因とされる。  徳島はこれまでも汚名返上に向け、大学などと協力。糖尿病食レシピの提案などの対策で07年は7位になったが、08年には再び1位になった。  しかし、見方を変えれば、蓄積された多くの患者や疫学調査のデータは研究に活用できる。成果は事業に参画している県内外の企業に提供し、治療法や検査機器の事業化につなげる。雇用創出への期待もある。〔共同〕 (13:06) なるほど、弱みを強みにしていくという積極的な発想。これはいいですね。移住して恩恵に与ろうかな。なんて。 まずはウォーキング王国になることをお勧めします。みんなでお遍路旅っていいかも。学力日本一の秋田も自殺率一位という汚名もあります。そのための対策も必死で進めているようです。それぞれ地方が特色を出して、…

続きを読む

炭水化物制限と体内時計

体内時計:炭水化物減らすと4~8時間進む - 毎日jp(毎日新聞)マウスに、炭水化物を極端に減らし脂肪分を増やした餌を食べさせると、体内時計が4~8時間程度進むことを産業技術総合研究所(茨城県つくば市)の大石勝隆・生物時計研究グループ長らが見つけた。将来は、食事の工夫で時差ぼけを改善したり、眠りの時刻がずれて夜更かし・朝寝坊になる睡眠障害などの治療につながる可能性があるという。  米科学誌「動脈硬化、血栓症、血管生物学」電子版に24日、論文が掲載された。  炭水化物を極端に減らした食事をとると、エネルギーを脂肪から作り出すため、体内の脂肪分解が進むことが知られている。 まさに糖質制限の話です。体内時計が進むらしいです。それによって睡眠障害に効果があるということのようです。炭水化物を制限しますから当然血糖値コントロールはしやすくなります。一石二鳥ということになりますね。 デメリットは血栓を溶かしにくくするPA-1の濃度が高まるので心筋梗塞の危険が高くなるということのようです。

続きを読む

血糖値を外から計るー東大がマウスで実験

ブドウ糖の濃度に応じて光の強さを変える性質を持った小さな顆粒(直径約100マイクロ)をマウスの耳に数100個注射して実験したそうです。 測定のたびに採血しなくてよいのはいいですね。それに時間経過で簡単に測定できるでしょうからより正確な血糖値管理ができるようになるでしょう。 ただマウスとヒトでは体の大きさが違うこと。血液を全身回るわけで他の部位で光ることで不都合は出ないかですね。一番は目でしょうね。それから血栓などの心配です。 そう考えると実用化には時間がかかるでしょうね。 でも、そのうちフッションになるかもしれません。 そういえば韓国で遺伝子組み換えにより皮膚が光るイヌというのが誕生したというニュースが最近ありましたね。(あとでリンクしておきます) 写真はネジバナ。日当たりのよい芝生に生えています。今が花期。ニワゼキショウと一緒に咲いていました。

続きを読む

五十肩で苦しんでいる方へ

五十肩:謎の痛み 骨など異常なく、原因も不明 - 毎日jp(毎日新聞)スーツを着ようとすると右肩が痛くて上がらない。寝るとき、右半身を下にすると痛む。東京都大田区の男性会社員(43)は、昨年秋からこんな症状に悩まされた。痛みは次第に増し、今年3月、近くの病院で診察を受けた。レントゲン撮影では骨折は発見されなかった。炎症や上腕骨と肩甲骨をつなぐ腱板(けんばん)の断裂もなかった。  医師から「これといった異常はない。典型的な五十肩ですね」と言われ、痛み止め薬と湿布を処方された。同時に、「痛みがやわらいだら意識的に肩を動かしてください。今回のように半年も放置しないように」と注意された。男性は「異常がないのに強い痛みを伴う。不思議だ」と思った。 肩関節のトラブルに詳しい高岸憲二・群馬大教授(整形外科)は「五十肩の患者を検査しても、これといった異常が見つからない。ただ、肩関節を包む袋(関節包)が厚く、硬くなっており、結果として肩が動きにくくなったり、痛みが生じるようだ」と説明する。また、糖尿病や高脂血症の人に五十肩が多く、治りにくいといわれる。これらの病気の患者は末梢(まっしょう)血管に障害が出やすいことが関連している可能性がある。 対処法も書いてあります。

続きを読む

すい臓β(ベータ)細胞も甘みを感じていた!

膵臓:甘み感じる細胞 糖尿病の新薬開発に期待 - 毎日jp(毎日新聞) 膵臓(すいぞう)のベータ細胞が舌と同じように甘みを感じ取ることを、群馬大生体調節研究所がマウス実験で突き止めた。糖分を含まない人工甘味料にも反応してインスリンを分泌するため、糖尿病の新薬開発につながると期待される。8日付の米科学誌「プロスワン」(電子版)に掲載された。  膵臓はインスリンを分泌することで、血糖量を調節している。糖尿病は主にベータ細胞の数が減ったり、働きが落ちてインスリン分泌量に障害が発生し、血糖値が高い状態が続くようになる。  研究チームは、マウスから取り出したベータ細胞に甘みを感じ取る甘味受容体があることを発見。スクラロースなどの人工甘味料を加えると、カルシウムとともにインスリン分泌を促すサイクリックAMPという物質が増加し、インスリンを分泌したという。  研究グループの小島至教授(代謝学)は「今回発見した甘味受容体を刺激する強力な甘味料を作り、ベータ細胞まで届く方法を工夫すれば、糖尿病治療薬開発につながる」と話している。 すごい発見ですね!きっと。 期待したいです。砂糖以外の人工甘味料でβ細胞を刺激してインスリンを出そうという発想です。β細胞が騙されてインスリンを出せば糖分をとっても血糖値の上昇を防げるわけですね。 ちょっと注目していきたい発見です。

続きを読む

糖尿病ツアー in 和歌山

健やかわかやま:旅で血糖値改善 糖尿病ツアー参加者募集 /和歌山 - 毎日jp(毎日新聞) ◇2泊3日、熊野古道・白浜  旅行や食事を楽しみながら血糖値の改善を目指す糖尿病教育観光ツアー「熊野古道 醤油(しょうゆ)発祥の地&白浜」(中紀バス旅行、グロリアツーリスト共催)の参加者を、県立医大が募集している。「治療は食事制限ばかりではない。和歌山のおいしい食材を食べながら、生活改善のポイントを学んでほしい」と呼びかけている。5月29~31日の2泊3日で、申し込みは同8日締め切り。 和歌山県立医大のツアーです。 >29日昼から31日昼までの食事付きで4万9800円。羽田空港発着の航空券付きは8万4800円。定員40人(最少催行人数30人)。申し込み用紙付きのチラシは、同大付属病院の総合案内、日赤和歌山医療センター、中紀バスなどで。問い合わせは中紀バス旅行(0120・889・873)か同講座(073・441・0796)。

続きを読む

口臭と糖尿病 その2

産業/グリコ「BREO」シリーズ好調 舌苔とともに口臭除去 - FujiSankei Business i./Bloomberg GLOBAL FINANCE江崎グリコの「BREO」シリーズは、発想が斬新だ。“息ケア”商品の多くが、良い香りで嫌なにおいを抑えようとするのに対し、舌の汚れ「舌苔(ぜったい)」を発生源とする揮発性硫黄化合物が口臭のもとになることに着目。舌苔を分解する酵素を配合し、「BREATH(息)の嫌なにおいをO(ゼロに)」と名付けた。  ヒントは、介護現場にあった。社内の健康科学研究所が、食物を飲み込むことが困難な人向けの嚥下(えんげ)食を開発していたところ、吉松大介研究員が「患者に舌苔が多く口臭が強いので、試しにパイナップル果汁を塗ってみたら嫌なにおいが減った」と介護職員から聞いたからだ。 ↑こういう記事が目につきました。この前から口臭と糖尿病について書いています。気になりますでしょ。 この前、日経新聞でケトン体との関係があるようなことを書いた記事も目にしました。 とにかくBREOを試してみます。

続きを読む

自分のクセと糖尿病

このブログは糖尿病という病に押しつぶされるのではなく、うまく付き合いながら自らを見つめてみようという意図をもっています。 ケータイをもって気になるものを撮って文章を添え、偏愛マップを作ってみるという試みをやっています。 やってみると自分の好みや癖、そして意外な側面が顕れます。 今日の一枚はさいたま市(旧浦和)・別所沼公園にある有限会社太田美術額縁のアトリエです。県立美術館などの所蔵品の額装を行っているようです。 工房はトタン拭きのバラックで、工房という趣があります。数人の職人さんが忙しく作業しています。 木のフレームに石膏(?)でデコレーションし、ニスを塗って仕上げるのでしょうが、一度見学してみたいと思っています。 絵よりも職人さんの手になる額縁に惹かれたりします。これも私の性向ですね。 真鶴の中川一政美術館で額縁にまで絵を描いてしまった中川氏の作品を見て感動したのを思い出しますが、それとは違うマージナル(辺境)なモノに愛着を抱く志向があるのだと自己分析しています。 トタン拭きということからその歌詞が出てくる元YMOの細野さんの『三時の子守歌』を思い出しました。トタン屋根を猫が歩くという場面が出てきます。この曲をアン・サリーさんが確かデイ・ドリームというアルバムでカバーしていました。私のツボにはまった一曲です。細野晴臣のアルバムは『トロピカル・ダンディ』だったかな。

続きを読む

一昨日定期検査でした

今回も3ヶ月ぶりの検診。 8時半に尿と血液を採り、一旦駅に戻りドトールで朝食とメールチェック、11時に診察。 病院もかなりスピードアップしてきました。 薬はずーっとなしでやってきました。インスリンの出が遅く食事直後から血糖値が上昇し遅れて下がり始めるので食べて10分くらいにウォーキングを始めるとかなり効果的ということが血糖値検査器25枚入りセンサーを30本くらい使い続けてきての結論。 さて結果ですが、空腹時血糖値125、HbA1c5.8%。 空腹時血糖値は朝食を抜いているので不思議ですが少し高くなります。(起き抜けよりも食べないでいると高くなります。肝臓から補給されるようです。) 前回とほぼ同じでした。ストレスの多い(広報として学生募集を担当しており昨今の少子化ですので)この時期にこの数字なら「よし」とします。 糖質の制限と体重のコントロールそれに運動、これでなんとかやってます。 写真は先日梅の古木で見つけたサルノコシカケ。

続きを読む

銀河鉄道

夕方6時。 中浦和駅に停車中の埼京線各停。 風が強く、雲も飛ばされて空は冴え渡っています。

続きを読む

発病宣告から1年6か月経過

体重が62Kgと10キロ落とし、それをなんとか維持しています。 できるだけ炭水化物を取らない方法で血糖値もHbA1cの値も正常値になりましたが、当然、食事制限と運動(ウォーキング)を続けなければならず、ストレスがかかるこの時期は正直、辛いものがあります。 もともと酒量は多い方ではなかったので、飲まなくても平気ですが、パンとかが大好きでした。 できるだけ生活の質を落とさずに、前向きにチャレンジをしていこうということでブログも書いています。 これから医学的な知識などを少しずつ調べながら書いてみようと思っています。また、血糖値のコントロールに役立つTIPSも載せます。 再来週、3か月ぶりの検査ですので、ちょっと運動をがんばります。

続きを読む

ファイアー・クリアリッチ

キリンビバレッジの新缶コーヒー。 糖類ゼロ。調整クリーム入りのカフェオレ風です。あま味はあります。甘味料はアセスルファムKを使っています。 ブラックコーヒーに続いてこれが今年の主流と見ています。カロリーゼロと糖質ゼロあるいは糖類ゼロ。 いずれもメタボが気に人向けですね。

続きを読む

最後の日曜日、別所沼

今年最後の日曜日ですがよく晴れました。 昼を食べた後にウォーキング、別所沼を3周です。ケータイを片手に冬の様子を撮影しながらですのでたっぷり1時間。 すっかり冬の気配でした。

続きを読む

クリスマス夜半のミサ

昨日はイブ。カトリック教会では夜に夜半のミサが行われます。 誕生はイブの夜の出来事だったと考えるわけです。 この日ばかりは教会は人でいっぱい。 カトリック浦和教会では8時からミサでしたがそれに先立ち、7時半から子どもたちによる聖劇。毎週練習してきた成果でなかなかうまく出来ていました。実は私も10年ほど前までは教会学校を担当していましたので聖劇も何度かやりました。 今ではその頃の子どもたちも大人です。教会で声をかけられればわかりますが、外出会うとわからないでしょうね。 いい写真を撮りたかったのですが、ケータイでは暗くて無理でした。

続きを読む

奇跡のリンゴ・木村秋則さんと故・福岡正信の農の哲学

木村秋則さんの無農薬農業のことを書いた本『奇跡のリンゴ』が売れているようです。 NHKのプロフェッショナル仕事の流儀で放送されて話題になったものを本にまとめたもの。 木村さんは実はこのブログでも取り上げた福岡正信さんの『わら一本の革命』を読んで実践されたのです。 その福岡正信さんは今年95歳でなくなられました。 環境ecoブログ: 自然農法を提唱 福岡正信さんが亡くなった こういうHPを作ってみました。前に作ってあったサイトに手を加えただけですが…。 福岡正信『わら一本の革命』 から考える農と食

続きを読む

【私のブログ】
ソーシャル系広報ブログ『蛙の目』
https://ameblo.jp/blc/
私のソーシャルサービス
私のcoconalaサービスの解説
ご利用ください

高品質・低価格でプロから選ばれているモノクロ冊子専門の印刷会社|立葉印刷株式会社
立葉印刷