本の紹介:「主食をやめると健康になる」江部康二著

本の紹介:「主食をやめると健康になる」江部康二著-ゲンダイネット 日本ではいまだ“変わった食事”と思われがちな「糖質制限食」。しかし、欧米ではすでに糖尿病治療に取り入れられ、肥満には脂肪よりも糖質が悪玉であるという研究データも発表されている。本書では、1400人以上の治療実績を持つ医師が、その効果と実践方法を分かりやすく解説していく。   糖質制限食では、炭水化物などの糖質を1日30~60グラムに制限する。ちなみに、ご飯1杯分の糖質は55グラム程度。代わりに、肉や卵などの糖質を含まない食材は十分に食べてよい。糖質制限食を行うと、高インスリン血症や高血糖が関係するがん予防の他、心筋梗塞や脳梗塞の予防、そしてアレルギー疾患の改善も見込めるという。季節の食材を取り入れた献立表も付いている。 (ダイヤモンド社 1400円) 糖質制限の江部先生の本 現代の食生活は 米飯・パンなど糖質の多い食べ物を主食としていますが、 じつはそれこそが、糖尿病、肥満、メタボ、 そしてさまざまな生活習慣病の根本要因になっています。 糖質の多い食べ物は、食後血糖を急上昇させ、 肥満ホルモンのインスリンを大量に分泌させます。 そのたびに代謝は乱れ、自然治癒力は浪費されます。 このようなことを40年、50年もくり返せば、 カラダが不調をきたすのも当たり前なのです。 では、私たちはどうすれば、病気や症状を予防・改善し、 健康を手に入れることができるのでしょうか? 答えは…

続きを読む

9割の糖尿病は自力でよくなる-本の紹介

9割の糖尿病は自力でよくなる―薬もカロリー計算もいりません 糖尿病が気になるあなた!posted with amazlet at 11.12.30聴涛 貴一郎 新人物往来社 売り上げランキング: 457216Amazon.co.jp で詳細を見る 9割の糖尿病は自力でよくなる―薬もカロリー計算もいりません 糖尿病が気になるあなた! 新人物往来社が発売した『9割の糖尿病は自力でよくなる―薬もカロリー計算もいりません 糖尿病が気になるあなた!』(著・聴涛貫一郎)が注目を集めている。 糖尿病専門医・聴涛貫一郎氏が、糖尿病の現実、養生の方法、合併症対策などを、開業から17年の経験をもとに分かりやすく記している。 糖尿病に限らず病気を自力でよくするには「養生力」をつけることが肝心という聴涛氏の主張は、健康体を自任する人々にもためになるはずだ。 単行本、227ページ。定価1260円。<モノウォッチ> 気合の一冊、これを読んで新年の決意をするのはいいかもしれません。養生力。自分で治そうという意志です。

続きを読む

糖尿病の薬でがんが減る? 日経トレンディ2011年9月号の記事

糖尿病の薬でがんが減る? 新薬続々登場の糖尿病の薬物治療 - トレンド - 日経トレンディネット 30代、40代のビジネスパーソンを中心に、糖尿病や高血圧、メタボ、皮膚トラブルなどについて専門家に解説をしてもらう連載の最初のテーマは、ビジネスパーソンがかかりやすい病気の一つ、糖尿病。国立国際医療研究センター病院 糖尿病・代謝症候群診療部長 野田光彦先生に、糖尿病および予防について、解説してもらう。その第4回。今回は、糖尿病にかかってしまったら、どのような治療を行うのか、糖尿病の薬物治療に関する最近の考え方について。 この記事は長いですが、よくまとまっていますよ。 薬の新しい情報などあり。 次から少し丁寧に紹介していきます。

続きを読む

糖尿病関連の本の紹介

拾い読み健康本:糖尿病はこうして防ぐ、治す - 毎日jp(毎日新聞)講談社、河盛隆造著 まず一冊目は、前に糖尿病をすい臓、あるいはインスリンというところではなく、血糖コントロールの器官としての肝臓を中心にして見るという私には新鮮な見方を教えてくださった河盛隆造順天堂大学医学部(代謝内分泌学)教授の本です。2001/08の本ですので、少し前の本ですが、ストレスと血糖値の関係などよくわかります。 わが友・糖尿病(クオリティ・オブ・ライフ): 脂肪肝と糖尿病の関係 http://blc5.seesaa.net/article/105088696.html 拾い読み健康本:健康神話にだまされるな - 毎日jp(毎日新聞) こちらは今年の6月に発行された本。上の毎日新聞の書評をお読みください。確かに患者はいろいろな人の声に惑わされがちです。 同じ高田明和浜松医大名誉教授の本に「病気の9割は薬なしで治る」という本もあります。

続きを読む

江部先生の糖質制限食について

「カロリー制限」と「糖質、脂質、タンパク質のバランスのよい食事」と「規則正しい食事習慣」という3つを重視した糖尿病の食事療法を実践してきていましたが、数値が改善してくると、少し気が緩むのを感じていました。 実践してきたといっても、あまり厳密に考えずに、とにかく血糖値を管理して高い、食べ過ぎたと思ったらウォーキング、そして体重管理というくらいで来たのですが、そろそろ1年を前にして、戦略を変えようと思ったのです。 一生、管理しなければならないのなら、いかに「楽に」、「精神的にゆとりを持って」というのを目標にしてきたので、いままで、「主食を抜けば」という江部先生の書名を見て敬遠してきていたのです。 でもあるきっかけで偶然に江部先生のブログをのぞいて、その中で「稲作以前の食事」という文字に出会い、何か、目から鱗が落ちた感覚をえました。 そう考えれば、実行できると思えて来たのです。 江部先生のブログはこちらです。 ドクター江部の糖尿病徒然日記  これから、すこしずつ勉強して、実行していきます。書籍についてはブログ横にリンクを付けておきました。ご活用ください。

続きを読む

グルテストneoの不具合という情報

血糖値管理にグルテストneoという血糖値測定器を使っているのですが、今日病院に不具合を知らせる張り紙がありました。なんでも寒い時に正常な数値がでないということのようです。寒い時や朝方に低血糖気味のときに本当の値より高くでてしまうというようなことのようでした。 帰りにしっかりとチェックして帰ろうと思っていたのに、数値がよかったものだからすっかり有頂天で確認するのを忘れました。 後でメーカーサイトで確認しますが、一応報告だけ。 確かに低く出るので補正するための検査薬を買おうかと思っていた矢先でした。 <追記> やっぱり情報がでていました。 自主回収について(pdf)

続きを読む

糖尿病治療ガイドが出ました。

本タイトル: 糖尿病治療ガイド 2008-2009 (2008) 画像(URL): コメント: 日本糖尿病学会の糖尿病治療ガイドの2008年版が2月に発行されました。二年に一度発行されるようです。新しい知識を得るために安い本ですので購入しておくといいのではないでしょうか。 評価: 評価者: blc 評価日付: 2008-02-25 著者: 日本糖尿病学会 出版年月日: 2008-02 出版社: 文光堂 ASIN: 483061370X   generated by feedpath Rabbit

続きを読む

糖尿病発症-12年のツケがよくわかるグラフ

年末の大掃除をしていて『糖尿病専門医にまかせなさい』牧田善二著がでてきました。前に読んだ時その中のグラフに妙に納得させられましたので、改めて紹介します。12年間血糖値が高い状態(境界型)が続いて、ある日突然、空腹時血糖値がポンと跳ね上がる様子がよくわかります。これが発症の瞬間です。私の場合、これが今年の2月頃だったと思われます。その頃から多少自覚症状がでました。食べると猛烈に眠気が襲ってくるのです。   generated by feedpath Rabbit

続きを読む

糖尿病とコーヒー

Coffee consumption and Type 2 diabetes — An extensive review:SpringerLink - 学術論文 学術論文のアブストラクトを見つけました。最近でたばかりです。 関心のある方はどうぞ。 ちなみに私はコーヒー党なので関心が非常にあります。>Despite reports from the clinical trials of the effect of caffeine on decreasing insulin sensitivity, long-term prospective studies revealed that coffee may improve fasting glucose, glucose tolerance and insulin sensitivity as well.the clinical trials:臨床試験fasting glucose:空腹時血糖glucose tolerance:耐糖能insulin sensitivity:インスリン感受性カフェインがインシュリン感受性を減少させるという臨床試験の報告にもかかわらず、長い目で見るとコーヒーは空腹時血糖値、耐糖能、インスリン感受性を改善させる。ということかな?   generated by feedpath Rabbit

続きを読む

安保・福田先生の本の話と私の体調

ブログで日記のようにしてつけていたが、前の記事で紹介した安保・福田先生の免疫革命の本を手がかりに自分のブログ「発見の日々」を検索してみた。 以下の記事が見つかった。発見の日々: 台風と健康 慢性アレルギーの仕組み-白血球の種類 雨と体の関係を考えてみる 読んでみると糖尿病に至るまでの高血糖の状態にあったころの自分の体調が微妙に反映していて面白い。(と、ひとごとのようにいってみる)   generated by feedpath Rabbit

続きを読む

新刊の紹介-奇跡を起こす 驚異の免疫療法

免疫革命を唱える新潟大学の安保徹教授と福田稔医師の新刊です。前から関心を持って二人の本は読んでいましたが、糖尿病になって改めて前の本を読んで見ました。不思議に糖尿病の話はかすり気味なのです。どうも免疫系の話と血管循環器系の話では違いがあるのかなと思いますが、内分泌系の話とすれば大いに関係があるわけで、そのあたりをもう一度、整理したいと思っている。福田先生はTBSテレビで紹介されて以後、精神的にも肉体的に疲労されて大変だったとどこかで読んだことがあるが、新刊を出されたということはお元気になられたのだろう。よかった。 奇跡を起こす 驚異の免疫療法内容紹介あなたの体に奇跡が起こる!ガン、悪性リンパ腫、アトピー性皮膚炎、リウマチ、うつ病など、数々の難病を、メスも薬も使わずに治す自立神経免疫療法とは? 誕生の経緯から、治療の実際、病気が治る医学的根拠、自分でできる免疫療法までをやさしく解説。。レビュー出版社からのコメント自律神経免疫療法は、様々な病気を、薬や手術にたよらず、自分自身の力で治そうとする療法です。本書は、この療法の生みの親であり、数々の難病を治療してきた筆者が、その誕生の経緯から、治療の実際、病気が治った患者さんの体験談、自分でできる免疫療法などを、やさしく解説しています。患者さんの体験談を一読した読者は、その治療効果に驚嘆されることでしょう。本書の後半では、「自分でできる免疫療法」として、著者が独自に考案した「爪もみ」「つむじ押し」のやり方や、免疫力を高めるための食事や入浴法などを、紹介…

続きを読む

【私のブログ】
ソーシャル系広報ブログ『蛙の目』
https://ameblo.jp/blc/
私のソーシャルサービス
私のcoconalaサービスの解説
ご利用ください

高品質・低価格でプロから選ばれているモノクロ冊子専門の印刷会社|立葉印刷株式会社
立葉印刷