野菜ジュースのこと「体にいいの?」

タイトル通りの疑問だ。私は発病するまで、ストレスが多いのだから野菜を取らなければと思い、結構一生懸命に野菜ジュースを飲んでいた。発病後もしばらく、「砂糖・食塩不使用100%野菜ジュース」を探しては、体に「良い」と思い飲んでいた。特に発病した夏にはミニッツメイドの「果実酢」が好きで、よく飲んだ。今考えるとこれは酢の酸っぱさを抑えるために相当量の砂糖が使用されていたようだ。体調がおかしいから「酢は体にいい」という思い込みだけで飲んでいた。糖尿病とわかってウォーキングを始めて、ウォーキング後にカロリー表示を見ながら野菜ジュースを飲むのが、楽しみといえば楽しみだったのだが、ある日、疑問に思った。「野菜ジュース」って体にいいの。そのときに見つけた記事が以下のもの。asahi.com:「1本で1日分の野菜」ジュース、35品が落第 - 健康この記事をクリップしてコメントも書いている。Yahoo!みんなのトピックス - トピック詳細 - 野菜ジュースってほんとに効くの?そんなわけで野菜ジュースは飲むのをやめた。本を読むと別にジュースではなく煮た野菜でもビタミン類、食物繊維は取れるので、それにしたのである。時々、野菜スープを自宅で作ってたりしている。そんなわけだが、今日たまたま日本ぶろぐ村のランキングサイトを訪問してあちこち見ていたら、良い記事を見つけた。~超最先端!!ライフスタイルの奇跡~:ジュースの秘密 - livedoor Blog(ブログ)うまく書いてある。そうカロリーは低いが人工甘味料って肝臓とか腎臓への…

続きを読む

ニチレイフーズ 糖尿病食

ほんとにしっかりとカロリーを守りたい時の強い味方です。一度試してみてください。特に量についての感覚が身につきます。時間がないときにはいいでしょう。私のように出張の多い人種には助かります。サイドバーに入れておきます。お歳暮とかお中元にこれを贈ってと指定できたらいいのですが、クッキーが届いてもねえ、好きだけど、大変困るのですよね。 【糖尿病食】ニチレイフーズダイレクト   generated by feedpath Rabbit

続きを読む

砂糖不使用のチョコレート発見!

<ロッテ ゼロマイルド 10入>糖尿病関係のブログをサーフしていたら糖尿病ライフ~1型糖尿病ブログ~というブログのサイドバーでロッテのゼロマイルドというチョコレートを発見。砂糖不使用だそうです。 feedpath Rabbit Tags: 糖尿病 闘病記  generated by feedpath Rabbit

続きを読む

野菜ジュースについて

野菜ジュースってほんとに効くの?結構野菜不足を補おうと昼時に飲んでいるが、このニュース。やっぱりという感じ。効果を宣伝しすぎだろう。野菜ジュースの専用サイトなど効用をうたったものが結構ある。効能はいっちゃいけないんだろうけど。不足した栄養を補うというのはOKなのだろうから。乳酸菌飲料などもやってほしい。Yahoo!みんなのトピックスカロリーは低めだが、野菜の代わりにはならないらしい。やっぱりしっかり野菜をとらないとね。冬場は鍋かな。別に生野菜でなくてもいいらしいから。もともとストレスが多い上、外食が多くて(わたしなど3食外食が続いた)野菜が不足している生活を続けていたのが、かなりいけなかったわけで、その申し訳で野菜ジュースを飲んだりしていたが、「全く」というニュースである。とすると、世にある野菜ジュースはかなり罪作りということになるなあ。   generated by feedpath Rabbit

続きを読む

生野菜ジュースと野菜スープを作ってみました。

先日、野菜を買ってきて生野菜ジュースを作ってみました。4種類くらいと本に書いてあったので、ニンジン、小松菜、ダイコン、キャベツで作ってみたのですが、一口、二口はなんとか飲めましたが、いつも飲むにはちょっとつらいものがありました。バナナとかリンゴとかを入れるといいのかもしれませんが、結構糖分(果糖)を含むので気をつけなければいけません。 そこで、余った野菜にタマネギをいれて野菜スープにしてみました。ちょっとクレージーソルトという香辛料入りの塩で味を調えて(塩分も気をつけないといけませんが…)飲んでみました。こちらは、おいしくいただけました。 タマネギの成分は水には弱いが熱には強いそうですので、この方法だとタマネギを多くとることができます。 できるだけ続けてみようと思います。 結果はまた報告します。

続きを読む

基本は食品交換表

糖尿病の治療は食事療法と運動、それに薬物療法(経口・インシュリン注射)ということになる。 そのなかでも食事療法は毎食のことなので一番苦労する。 昔は炭水化物を一切取らずおからだけとかいう過激な食事療法が勧められた時代があったようだ。私の場合、父も糖尿病だったので、かすかな記憶のなかにおからを食べていた父の姿がある。 今はカロリー制限はあるもののしっかりといろいろなものを食べることが勧められている。その時に基本となるのが「単位」という考え方。一単位を80Kcalとして一日の単位数を管理するというもの。私の場合171cmで体重が65kgなので22単位(1760Kcal)と医師に指示された。身長・体重・年齢や性別、それに仕事(デスクワークか体を動かす仕事かということだろう)によって違うので、これは主治医に決めてもらう。 目的は体力を維持しつつ、血糖値のコントロールにあるので、規則正しくバランスよく食事をすることが基本になる。 食品群を6つの表にわけ、そのなかから決められた単位をとることになる。 表1 炭水化物 穀類・いも類など 表2 くだもの 表3 魚介類・肉類・卵・大豆食品 表4 牛乳・乳製品 表5 脂質 油脂・油の多いもの 表6 野菜 同じ表の中でならどれをとってもよいことになっているので食品交換表という。 どれがどの表にはいるのかとそれぞれに1単位がどれくらいの分量かを頭にいれることがまず大きな仕事になる。 これからじっくりとこのブログで…

続きを読む

【私のブログ】
ソーシャル系広報ブログ『蛙の目』
https://ameblo.jp/blc/
私のソーシャルサービス
私のcoconalaサービスの解説
ご利用ください

高品質・低価格でプロから選ばれているモノクロ冊子専門の印刷会社|立葉印刷株式会社
立葉印刷