2017年12月23日

ヨーグルトが糖尿病の慢性炎症を抑制!

糖尿病の慢性炎症を抑制! ヨーグルトや乳酸菌飲料のススメ | NewsWalker
今年10月、ヤクルト本社と順天堂大学大学院医学部の研究グループは、プロバイオティクス飲料に関する新たな発見を発表しました。プロバイオティクスとは、腸内環境を良くするための細菌や微生物と、それらを含む食品のことをいいます。 代表的なものは、乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌を含むヨーグルトです。  
糖尿病の新薬が開発される可能性も 今回の発見では、プロバイオティクス飲料を日本人の2型糖尿病患者に継続的に摂取してもらったところ、腸内フローラと呼ばれる腸の中の細菌が変化したことが確認されました。さらに、糖尿病の慢性炎症の原因となっている、血液中への腸内細菌の移行が抑制されたことも明らかになっています。
毎日ブルガリアヨーグルト(無糖)を食べています。
腸内フローラは改善されているでしょうか?
実は最近便秘気味なのです。どうも腸の力が弱った感じがあります。
ハーブティを飲むと少し出やすいので、煎じて飲むようにしています。
センナは抜群に効くのですが、効きすぎて緩くなるので三日くらい出ないときだけにしています。
そういえば今年6月に引っ越したのですが、それまではヨーグルトを作っていました。
始めの頃は20度くらいの常温でできるケフィアヨーグルトの種を使って1Lの牛乳で作っていましたが、途中から経済的な市販のブルガリアヨーグルトに変えました。
ホームベーカリーのメニューにヨーグルトを作る機能があるのでブルガリアヨーグルトを種にして作っていましたが、最近止めているので、復活しようと思います。
40℃で9時間かけるとできあがります。
気をつけることは雑菌が入らないようによく熱湯消毒すること。種は一回限りにし、常に新しいブルガリアヨーグルトを使うことくらいかな。

posted by ブラックコーヒー at 19:56 | Comment(0) | 糖尿病ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

【私のブログ】
ソーシャル系広報ブログ『蛙の目』
https://ameblo.jp/blc/
私のソーシャルサービス
私のcoconalaサービスの解説
ご利用ください

Powered by Seesaa


このBlogは「発見の日々」の作者blackcoffeeの糖尿病闘病記です。糖尿病のニュース。血糖値。高血糖。食品交換表。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...