新しい血糖測定器について

メルクマニュアル家庭版, 165 章 糖尿病
新しい血糖値測定器には、血液を採取せずに皮膚を通して測定できるものがあります。これは腕時計のように身に着けて、15分ごとに血糖値を測定するものです。血糖値が低すぎたり高すぎるとアラーム音が鳴るように設定できます。この測定器が不便な点は、血液検査の際、定期的に目盛りを調整しなければならないこと、皮膚を刺激すること、大きくてかさばることです。


メルク万有のメルクマニュアル医学百科というサイトを見ていたら、上記の記述があった。聞いたことはあるが、日本でも手にはいるのだろうか。欠点としてあげられている「大きくかさばる」ってどこかの本にあったリックサックのようなもののことかな。腕時計のように身につけてという記述に思わず、だまされたけど、日常生活では使えないかも。

いずれにせよ、小型化してほしいものだ。

あと気になったのは、糖尿病の項目が「ホルモンの病気」という大きなセクションの中にあること。そうなんだね。インスリンというホルモンが出ない病気、あるいはインスリンがうまく働かない病気だから。内分泌系(=ホルモン)の病気でもあり、よく見る分類は血液の病気だ。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 自分の為の酵素
  • Excerpt: =今、体に酵素が必要です= 空に浮かぶ雲にさえぎられた下界は当然薄暗く私達はその環境の中で生活をしています。 しかし一旦雲の上に上がれば当たり前のように青空が広がり、何事もなく毎日同じ自然..
  • Weblog: ≪栄養補助食品≫IDSCサプリメント
  • Tracked: 2008-03-26 23:13

【私のブログ】
ソーシャル系広報ブログ『蛙の目』
https://ameblo.jp/blc/
私のソーシャルサービス
私のcoconalaサービスの解説
ご利用ください

高品質・低価格でプロから選ばれているモノクロ冊子専門の印刷会社|立葉印刷株式会社
立葉印刷