2007年12月30日

糖尿病発症−12年のツケがよくわかるグラフ



年末の大掃除をしていて『糖尿病専門医にまかせなさい』牧田善二著がでてきました。
前に読んだ時その中のグラフに妙に納得させられましたので、改めて紹介します。

12年間血糖値が高い状態(境界型)が続いて、ある日突然、空腹時血糖値がポンと跳ね上がる様子がよくわかります。

これが発症の瞬間です。

私の場合、これが今年の2月頃だったと思われます。その頃から多少自覚症状がでました。食べると猛烈に眠気が襲ってくるのです。



  generated by feedpath Rabbit
posted by ブラックコーヒー at 21:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 糖尿病関連の本−医学的知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

★株ドル「名波はるか」のプレミアムショッピングモールhttp://kabudoru.shop-pro.jp/

Powered by Seesaa


このBlogは「発見の日々」の作者blackcoffeeの糖尿病闘病記です。糖尿病のニュース。血糖値。高血糖。食品交換表。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...