2007年12月29日

サイト探求の日々 第二回

冬休みなので、少し情報渉猟のネット旅をしている。

この前、書いた英語の論文の記事中にglucose tolerance:耐糖能というのがあった。糖尿病とは要するにこの「耐糖能」の障害なわけだが、この言葉を少し調べようと思い、Googleで検索してみた。

そしたら、とても糖尿病の理解に役に立つサイトを見つけた。

糖尿病と宣告されたら、あるいは家族に糖尿病の方がいたらぜひ読んでほしい。

糖尿病って何?

WEBデザインが進んだ現在、とてもきれいなホームページとはいえないが、内容は抜群!いろいろな本を読んできたが、これほどよくまとめたものは少ない。熱心な先生が書かれたものだろう。後でどこのサイトにつながっているのか、詳しく調べてみるが、糖尿病の場合、病気のネーミングのせいで誤解も多い。

<追記>
検索で入ったので元がわからなかったが、URLをたどってわかった。

がんばって!糖尿病

というサイトだ。

>「がんばって!糖尿病」は、1998年に立ち上げ、HT先生こと私個人で管理運営して参りました。糖尿病の管理指導を行う上で、知識の啓蒙はより重要であり、その一般的な指導手段としてインターネットに着目し、開設いたしました。
アクセス数も当時としては多く、10万件をすぐに越え、そのニーズに応えるべく私個人の診療の合間をみて、更新を続けて参りました。

というサイトで有名なサイトのようだ。糖尿病初心者の私が知らなかっただけかもしれないが、私のような右も左もわからない初心者には、こうしてここで知らせておく意味もあるだろう。2006年で更新がとまったのは残念だが、役立つサイトであることは変わらない。HT先生のメッセージというコーナーも含蓄がある。

それでは「がんばって!糖尿病」のTOPページにリンクしておきます。サイドバーにも入れておきます。

「がんばって!糖尿病」


誤解についてちょっと書いてみる。

私は積極的に周りに「糖尿病であること」を公言している。
なぜかというと父が糖尿病であったので、自分の不摂生と同時に遺伝的な要素が強いと思っているので、別に「恥ずかしいことではない」と思っているが、私の周りには病気を隠している人(予備軍を含め)が多い。予備軍(境界)だからそれほど深刻ではないのかもしれないが、はっきり言っておかないと、糖尿病の知識のない人は善意でいろいろなことを言ってくる。

「少しは食べた方が力がつくよ」
「今日ぐらいはいいじゃない」
「つきあい悪いじゃない」
「なんでも食べないとだめだというよ」
「これが糖尿病に効くから飲みなさい」(これは郷里の母からである)

そして
「もう治ったんでしょ」

これは傷つく。一生懸命にコントロールして、やっとHBA1c数値を改善したことを報告するとこういうことを言われる。

「治ったんじゃないの。」


--------
お知らせ

そうそう、ランキングサイト「日本ぶろぐ村」にエントリーした。少しでも多くの同病の人とがんばりたいという思いからである。病気に負けず、病気とうまくつきあいたい人、ぜひサイドバーのボタンをクリックしてね。できるだけ情報を多面的に紹介するブログにしていきますので。

  generated by feedpath Rabbit
posted by ブラックコーヒー at 09:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 糖尿病の基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/75267849

この記事へのトラックバック

★株ドル「名波はるか」のプレミアムショッピングモールhttp://kabudoru.shop-pro.jp/

Powered by Seesaa


このBlogは「発見の日々」の作者blackcoffeeの糖尿病闘病記です。糖尿病のニュース。血糖値。高血糖。食品交換表。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...