新刊の紹介-奇跡を起こす 驚異の免疫療法

免疫革命を唱える新潟大学の安保徹教授と福田稔医師の新刊です。
前から関心を持って二人の本は読んでいましたが、糖尿病になって改めて前の本を読んで見ました。不思議に糖尿病の話はかすり気味なのです。どうも免疫系の話と血管循環器系の話では違いがあるのかなと思いますが、内分泌系の話とすれば大いに関係があるわけで、そのあたりをもう一度、整理したいと思っている。

福田先生はTBSテレビで紹介されて以後、精神的にも肉体的に疲労されて大変だったとどこかで読んだことがあるが、新刊を出されたということはお元気になられたのだろう。よかった。



奇跡を起こす 驚異の免疫療法

内容紹介
あなたの体に奇跡が起こる!
ガン、悪性リンパ腫、アトピー性皮膚炎、リウマチ、うつ病など、数々の難病を、メスも薬も使わずに治す自立神経免疫療法とは? 誕生の経緯から、治療の実際、病気が治る医学的根拠、自分でできる免疫療法までをやさしく解説。。

レビュー
出版社からのコメント
自律神経免疫療法は、様々な病気を、薬や手術にたよらず、自分自身の力で治そうとする療法です。本書は、この療法の生みの親であり、数々の難病を治療してきた筆者が、その誕生の経緯から、治療の実際、病気が治った患者さんの体験談、自分でできる免疫療法などを、やさしく解説しています。患者さんの体験談を一読した読者は、その治療効果に驚嘆されることでしょう。本書の後半では、「自分でできる免疫療法」として、著者が独自に考案した「爪もみ」「つむじ押し」のやり方や、免疫力を高めるための食事や入浴法などを、紹介してます。病に悩むすべての人々に、ぜひとも手にとっていただきたい一冊です。
  generated by feedpath Rabbit

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

【私のブログ】
ソーシャル系広報ブログ『蛙の目』
https://ameblo.jp/blc/
私のソーシャルサービス
私のcoconalaサービスの解説
ご利用ください

高品質・低価格でプロから選ばれているモノクロ冊子専門の印刷会社|立葉印刷株式会社
立葉印刷