2015年06月20日

【本の紹介】筑波大学附属病院とクックパッドのおいしく治す「糖尿病食」(講談社+α新書) 講談社 矢作直也

しばらく本の紹介をしてなかったので、毎日紹介します。

できるだけ新しい本から紹介しようと思います。

こんなサイトも作っています。

役立つ糖尿病克服サイトガイド

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
手軽さも大事。糖質制限の長期効果は不明。肉の代わりになる「おから」。糖尿病食の優等生はきのこ。魚をおいしく食べるコツ。温野菜の多彩な調理法。五感の中でも大事な見た目。「うまみ」こそ和食の強み。スパイスが塩分の代わりに。「糖尿病食はおいしくない」の常識をくつがえす!

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 クックパッドに糖尿病食献立ができるまで(ドクター矢作、クックパッドという人気サイトについて学ぶ/ドクター矢作、クックパッドのしくみについて学ぶ/ドクター矢作、クックパッドとの糖尿病食コラボの苦労について語る/ドクター矢作、おいしくて簡単な糖尿病食について開眼する ほか)/第2章 クックパッドと作ったレシピと「糖尿病食 50のポイント」(糖尿病は「悪いところを切れば治る」病気ではない/献立は基準の数値で作られる/医師が指示したエネルギー量を守る/一日三食分の献立をアップする理由 ほか)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
矢作直也(ヤハギナオヤ)
筑波大学医学医療系内分泌代謝・糖尿病内科准教授。1969年東京生まれ。東京大学医学部卒。日本学術振興会特別研究員、東京大学大学院特任准教授を経て2011年より筑波大学准教授(ニュートリゲノミクスリサーチグループ代表)。医師として糖尿病やメタボリックシンドロームの診療にあたりつつ、研究者としてニュートリゲノミクス研究を推進している。また薬局と医療機関との連携による糖尿病早期発見プロジェクト「糖尿病診断アクセス革命」を展開している糖尿病学界のホープ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

posted by ブラックコーヒー at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 糖尿病日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

★株ドル「名波はるか」のプレミアムショッピングモールhttp://kabudoru.shop-pro.jp/

Powered by Seesaa


このBlogは「発見の日々」の作者blackcoffeeの糖尿病闘病記です。糖尿病のニュース。血糖値。高血糖。食品交換表。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...