2015年02月10日

血糖値の上昇を自動的に検知し、下げる薬剤開発-ユタ大学

9600cf5531ce6a576bbf365b8e40c450_s.jpg
ハーブティー

これは期待されますね。
もうすぐという感じです。

血糖値上昇で自動作用「スマートインスリン」、マウス実験で効果
1型糖尿病の治療薬として試験段階にある「スマートインスリン」について、マウス実験で有効である可能性が示されたとする研究論文が、9日の米科学アカデミー紀要(Proceedings of the National Academy of Sciences、PNAS)に掲載された。今後、最短で2年後の臨床試験開始を視野に入れているという。

 この薬剤は、米ユタ大学(University of Utah)の生化学者らが開発した「Ins-PBA-F」と呼ばれる製品で、論文によると、血糖値が上昇すると自動で作用するという。持続時間は14時間。

 研究チームが行った1型糖尿病のマウスを使った実験では、Ins-PBA-Fの1回投与で、「食事摂取量相当の糖分が与えられたマウスの血糖値を自動的に繰り返し下げる」可能性があることが示された。
医学の進歩はめまぐるしいです。
情報をしっかりと追いかけていきましょう。

posted by ブラックコーヒー at 15:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 糖尿病日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/413828778

この記事へのトラックバック

★株ドル「名波はるか」のプレミアムショッピングモールhttp://kabudoru.shop-pro.jp/

Powered by Seesaa


このBlogは「発見の日々」の作者blackcoffeeの糖尿病闘病記です。糖尿病のニュース。血糖値。高血糖。食品交換表。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...