インスリンが体内時計の調整に関わっているという研究-山口大

インスリンが体内時計調節 時差ぼけ解消に活用も 山口大研究チーム解明 - 産経WEST
約24時間周期で睡眠や覚醒のリズムを生み出す「体内時計」の調節に、膵臓から分泌されるインスリンが一役買っていることを、山口大時間学研究所の明石真教授らのチームがマウスを使って解明した。  チームは食事の際に出る代表的なホルモンとして、糖分を摂取した際に分泌されるインスリンに注目。体内時計への影響を調べたところ、肝臓など食事と深く関わる組織の体内時計に対し強く作用することも分かった。   明石教授は「糖分の摂取時間を工夫することで、時差ぼけの解消や夜型になりがちな現代人の生活改善に役立つ可能性がある」と期待する。


やはり夜の糖分を調整することで生活改善がなされるようですね。カーボンローディングという考え方とも関係ありそうです。 カーボ・ローディング - Wikipedia
一時的に血糖値を下げる方法 試合の2時間前までに有酸素運動を行うことで血中のインスリン濃度が上昇し、血清中のグルコース濃度が著しく下がる。これによって60分以上続く試合などで高いパフォーマンスを発揮できる。これは一時的な反作用的低血糖(英語版)の状態になることで起こることが知られており、好成績を残しているアスリートの多くが行っている。ただしこの方法では一時的な低血糖(英語版)からくるインスリン反応(英語版)によってしばらくの間パフォーマンスが低下する。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

【私のブログ】
ソーシャル系広報ブログ『蛙の目』
https://ameblo.jp/blc/
私のソーシャルサービス
私のcoconalaサービスの解説
ご利用ください

高品質・低価格でプロから選ばれているモノクロ冊子専門の印刷会社|立葉印刷株式会社
立葉印刷