食べると眠くなるという糖尿病特有の症状でお悩みの人へ

インスリンが体内時計調節 時差ぼけ解消に活用も - 47NEWS(よんななニュース)
24時間周期で睡眠や覚醒のリズムを生み出す「体内時計」の調節に、膵臓から分泌されるインスリンが一役買っていることを、山口大時間学研究所の明石真教授らのチームが11日までにマウスを使って解明した。   チームは食事の際に出る代表的なホルモンとして、糖分を摂取した際に分泌されるインスリンに注目。体内時計への影響を調べたところ、肝臓など食事と深く関わる組織の体内時計に対し強く作用することも分かった。

このような研究が発表されました。 糖尿病の患者の人ならぴんとくるはずです。食べると我慢できないほどに眠くなる人おおいのではないですか。 私など車の運転に支障をきたすので運転をやめています。 これはすい臓から出るインスリンの遅延のせいだとずっと思っていました。だから食べたらウォーキングしてインスリンの出が少しでも早くなるようにしています。 すい臓をいたわる必要がありそうです。 植物性のインスリンというのもあります。ゴーヤに含まれるとか。 その他にもキクイモのイヌリンや桑の葉などもインスリンに作用するようです。 毎日改善のために下のようなダイエットティーを習慣化するのも効果があることが知られています。 血糖値、すい臓、インスリンとうまく付き合っていきましょう!!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

【私のブログ】
ソーシャル系広報ブログ『蛙の目』
https://ameblo.jp/blc/
私のソーシャルサービス
私のcoconalaサービスの解説
ご利用ください

高品質・低価格でプロから選ばれているモノクロ冊子専門の印刷会社|立葉印刷株式会社
立葉印刷