2014年09月06日

GI値と運動の話

炭水化物制限ダイエットのコツ : 石井苗子の健康術 : yomiDr./ヨミドクター(読売新聞)
最近、炭水化物や糖質制限ダイエットが流行していますが、ある友人は、肉と野菜だけ食べ、白米は食べず、日本酒も飲まないし、大福やケーキのおやつも食べません。   普段からあまり体を動かさない若者には、炭水化物制限ダイエットは効果的でしょうが、それでも駅の階段などの上り下りですぐに腰が痛くなったり、動くと疲労感が強く出たりしたら要注意です。それは、ダイエットのやり過ぎで、体力を回復できていない証拠です。   ダイエット目的の自転車通勤もよいのですが、筋力は、筋グリコーゲンを燃料にして動かしています。しかしこのグリコーゲンは比較的早く消費されるので、あまり負荷が大きい運動だと逆に筋肉が傷つき、疲労するだけでダイエットにもなりませんし、運動やトレーニング効果もなくなり、逆にけがなどにつながることもあります。筋力を使う前後は、炭水化物もそれなりにとる必要があります。
タレントでヘルスヘアカウンセラーの石井苗子(みつこ)さんの記事です。参考になりました。 GI値の話が出てきます。
順にGI値が低くなっていくものを書きました。食パン、じゃがいも、チョコレート、うどん、白米、もち、ロールパン、にんじん、コーンフレーク、とうもろこし、玄米フレーク、かぼちゃ、おかゆ、玄米、そば、スパゲティ、さつまいも、バナナ、シーチキン、全粒粉パン、オールブラン、肉類、牛乳、ヨーグルト、大豆、枝豆、グレープフルーツ、オレンジ、こんにゃく、アーモンド、低脂肪乳、ピーナッツ。 私のように動かないでパソコンのキーボードばかりたたいているような人間は、後ろの方の食品を食べていればいいのです。少し体を動かす会社勤めの方々は、真ん中辺りも多くとりましょう。
posted by ブラックコーヒー at 16:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 血糖値を下げる方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/404971598

この記事へのトラックバック

★株ドル「名波はるか」のプレミアムショッピングモールhttp://kabudoru.shop-pro.jp/

Powered by Seesaa


このBlogは「発見の日々」の作者blackcoffeeの糖尿病闘病記です。糖尿病のニュース。血糖値。高血糖。食品交換表。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...