食後高血糖の状態が把握できる電子尿糖計を発売 -タニタ

タニタ、糖尿病予防に役立つ採血せずに食後高血糖の状態が把握できる電子尿糖計を発売 | 医療最前線 | マイライフニュース
タニタは、血糖値と相関のある尿糖値を測定することで糖尿病予防に役立つ、タニタ電子尿糖計「UG-120」を世界糖尿病デーの11月14日に発売する。採血せずにセンサーに直接尿をかけるだけで、食後高血糖の状態が把握できるのが特徴だ。このため、健康診断だけでは見つけにくい糖尿病予備軍のスクリーニングを容易に行えるほか、糖尿病予防における食事や運動の効果を簡単に確認することが可能になる。   これまで自己検査用尿糖計は高度管理医療機器(クラスIII)に分類されており、限られたチャンネルでしか販売できなかった。薬事法の改正に伴い、新たに管理医療機器(クラスII)に電子尿糖計がカテゴライズされ、同機はその第1号商品として投入するという。血圧計と同等の扱いができるようになることで、認知の拡大とともに広範なチャンネルでの販売が可能となり、お客様が手軽に購入・扱える環境が整うとのこと。   発売に合わせ、3150円(税込)で同機を1週間使用できる「お試しレンタル」も実施。尿糖自己測定の裾野を広げ、糖尿病予備軍をメーンターゲットに初年度1万台の販売を計画していると説明する。

  「UG-120」は高精度のバイオセンサーを採用し、尿糖値を0-2000mg/dlまでデジタル表示する。使い方は簡単。センサーに尿をかけるだけで、わずか6秒で測定結果を表示する。採血のない無痛測定なので、血糖計に比べ無理なく手軽に毎日の測定を行うことが可能だ。大きさは、縦68mm、横118mm、高さ22mmで、重さは約80g(電池含まず)。据え置き使用が可能なスタンドも付属する。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

【私のブログ】
ソーシャル系広報ブログ『蛙の目』
https://ameblo.jp/blc/
私のソーシャルサービス
私のcoconalaサービスの解説
ご利用ください

高品質・低価格でプロから選ばれているモノクロ冊子専門の印刷会社|立葉印刷株式会社
立葉印刷