意外と重要な足の血圧を測る話

最悪は切断… 腕だけでなく足でも血圧を測る重要性(2) - リアルライブ

こうした足の動脈血栓による厄介な病気を減らそうと、日本心・血管病予防会がキャンペーンを実施。全国7都市で閉塞性動脈硬化症の実態調査『ABI検査』を行った。  

ABI検査というのは、両腕と両足首の血圧を測る検査のこと。  

健康な人は腕より足首の血圧の方が高く「足首の血圧を腕の血圧で割った数値」が1~1.4以下が正常。0.9以下の“低値異常”が示されると閉塞性硬化症が疑われ、0.9~1以下がいわゆる境界域だ。  

同予防会によると「数値が1.4を超えることはまずありえない」とし、検査した2286人の2.8%(64人)が低値異常、6.2%(141人)が境界域だった。  

「境界域を含めると、有病率は9%。もっと少ないと思っていたが、この結果には驚きました」(担当者)


〈足の動脈硬化症状のチェックポイント〉を紹介しよう。
(1)朝晩手足の冷えを強く感じる。
(2)左右の足の皮膚温度が違う。
(3)歩くとふくらはぎ・モモが痛い。  
以上の症状を感じたり、自覚した場合は、迷わず医療機関の診察をすぐ受けることが大事だ。


糖尿病の人は上記自覚症状がある方は多いですよね。しっかり検査を受けてみましょう。
私もです、はい。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

【私のブログ】
ソーシャル系広報ブログ『蛙の目』
https://ameblo.jp/blc/
私のソーシャルサービス
私のcoconalaサービスの解説
ご利用ください

高品質・低価格でプロから選ばれているモノクロ冊子専門の印刷会社|立葉印刷株式会社
立葉印刷