2012年10月06日

名医;聖マリアンナ医科大学病院代謝・内分泌内科・教授田中逸さん(57)

【ブラックジャックを探せ】精度の高い“糖尿病治療”に定評!丁寧な説明で効果アップ - 政治・社会 - ZAKZAK

川崎市北部を代表する基幹病院の聖マリアンナ医科大学病院。ここの代謝内分泌内科部長を務める田中逸教授は、大手自動車会社に勤務した経験を持つ、異色の内科医だ。  

「生化学への興味が断ち切れず、医学の道に転身しました。糖尿病というさまざまなタイプの患者さんと接する今、その経験は大いに役立っています」と笑顔で話す。  

「人間が好き、人と話すのが好きだからこの分野を専攻した」と言うとおり、話す内容が理路整然としていて分かりやすい。難しい専門用語は極力使わず、平易な言葉に置き換えて説明するので、患者の理解度も高まる。




名医シリーズです。

■田中逸(たなか・やすし) 1955年京都府生まれ。名古屋工業大学を卒業後、大手自動車会社に勤務。その後、滋賀医科大学に進み86年卒業。同大第三内科、東京都済生会中央病院に勤務後、順天堂大学助教授を経て、2006年より現職。日本糖尿病学会専門医・研修指導医、日本内分泌学会専門医・研修指導医ほか。NPO法人「川崎糖尿病スクエア」理事長。
posted by ブラックコーヒー at 01:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 医師・病院のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

★株ドル「名波はるか」のプレミアムショッピングモールhttp://kabudoru.shop-pro.jp/

Powered by Seesaa


このBlogは「発見の日々」の作者blackcoffeeの糖尿病闘病記です。糖尿病のニュース。血糖値。高血糖。食品交換表。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...