2012年10月02日

少し気になる目の病気

10月10日は目の愛護デーだそうです。糖尿病は視神経も犯しますので用心が必要です。
定期的な検査を受けましょう。

東京新聞:40歳過ぎたら目も検診 緑内障、変性近視…少ない自覚症状:健康(TOKYO Web)

中年以降は、目にもさまざまな病気が出やすくなる。だが成人の眼科検診を実施している自治体や職場は少なく、気付いたときには、かなり進行していることも。目の病気で生活の質を落とさないため、眼科医らは定期的な検診を勧める。  

「視覚障害の主な原因となっている五つの疾患は、中高年で多発する」。国立病院機構東京医療センター・感覚器センター部長の山田昌和さんは、こう説明する。  

成人の失明原因を上位から挙げると、(1)緑内障(2)糖尿病網膜症(3)変性近視(4)加齢黄斑変性(5)白内障=メモ。これらの病気は、加齢に伴って目の組織が変化し、視力が低下していく。白内障を除いて、物を見る機能はいったん損なわれたら回復せず、治療も現状維持が目標になる。  

初期には自覚症状が少なく、発症に気付きにくいことが多い。山田さんは「症状の進行を早く止めるには、定期的に検査を受けて発症に早く気付くことが大事」と話す。  

例えば、視神経が損傷し、視野が欠けていく緑内障。四十歳あたりから発症が増え始めるが、発症直後に気付くことはまれという。視野が欠け始めるのは周辺部から。初期には、読書などで不便を感じにくく、気付いたときには、視野の欠損がかなり進んでいることが多い。発見が遅れ、症状の進行を遅らせる薬の点眼などの治療を十分に受けられないと、失明の可能性が高まる。  

緑内障の診断のため眼科医は、発症の要素の一つである眼圧が高いかを測定したり、視神経を診るため眼底検査をして視野を測ったりする。      
---------
◇ 眼底検査によって、糖尿病や動脈硬化、脳腫瘍といった目以外の病気が見つかることもある。  
しかし、二〇〇八年に導入された特定健診(メタボ健診)で、目に関する検査項目は、視力検査が外れ、眼底検査に比べて簡易で写真から判断する眼底撮影だけに。対象はメタボの基準に全て該当し、医師が必要と判断した人に限られる。メタボ健診が、生活習慣病を防ぐ保健指導を目的にしているためだ。眼科検診の簡略化で、目の病気に気付きにくくなったとされる。山田さんらの調査では、この基準で検診をしている自治体が八割以上という。  

目の病気は、生活の質を大きく落としかねない。東京慈恵会医科大病院眼科診療医長の中野匡さんは「早期発見のため、人間ドックや定期的に眼科医を受診してほしい」と話す。

◆緑内障以外の中高年期に発症しやすい目の病気  
【白内障】水晶体が濁って、物がかすんで見えたり、ぼやけたりする。水晶体を除去し、人工の眼内レンズを入れる手術で視力の回復も可能。  
【加齢黄斑変性】網膜の中心部に、壊れやすい新たな血管が生じるなどして、視野の中心部が欠けたり、物がゆがんで見えたりする。眼球に注射する薬で、症状の進行を抑える。片目で物を見て気付くことも。  
【糖尿病網膜症】糖尿病の症状の一つ。高血糖で網膜の血管がもろくなって出血し、視力が低下する。  
【変性近視】網膜が薄くなり、はがれるなどして、眼鏡をかけても正常な視力が得られないか、視野に異常が出る近視。



posted by ブラックコーヒー at 19:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 糖尿病ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

★株ドル「名波はるか」のプレミアムショッピングモールhttp://kabudoru.shop-pro.jp/

Powered by Seesaa


このBlogは「発見の日々」の作者blackcoffeeの糖尿病闘病記です。糖尿病のニュース。血糖値。高血糖。食品交換表。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...