2012年09月22日

栄西がお茶とともに伝えた桑が血糖値を下げるというありがたいお話

桑の文化と効能伝える 建仁寺 マルベリーフォーラム 京都 - MSN産経ニュース

桑は、絹糸を生み出すカイコのエサとして知られる。臨済宗開祖で建仁寺開山の栄西によって鎌倉時代初期、茶とともに中国から日本へもたらされた。  

同協会によると、桑は根の皮や葉、果実が生薬や茶、食用となり、血糖値を下げ、糖尿病など生活習慣病の改善に効果的という研究結果が出ているという。また、桑の木は酸素の放出量が多く、環境に優しい樹木として注目を集めているという。  

この日は栄西をしのび平成17年に建立された「桑の碑」の前で法要が営まれたあと、約250人が参加したフォーラムを開催。同寺の浅野全雄庶務部長が、晩年の栄西が建暦元(1211)年に著した『喫茶養生記』に記述がある桑粥(がゆ)の調理法などを紹介した。


桑の葉のお茶が血糖値を下げる効果があるという話しは前に取り上げたことがあります。
桑の葉に血糖値抑制効果: わが友・糖尿病(クオリティ・オブ・ライフ)

桑の葉茶を生活に取り入れてみてはいかがでしょうか?

河村農園 有機栽培 桑の葉茶 12包
河村農園
売り上げランキング: 25289

桑の葉(島根県産)無添加100%パウダー【150g】
健康・野草茶センター
売り上げランキング: 51392

【本の紹介】
桑葉は糖尿病によく効く―ダイエットによいという報告も
宮尾 興平
ペガサス
売り上げランキング: 328271







posted by ブラックコーヒー at 14:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | サプリメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

★株ドル「名波はるか」のプレミアムショッピングモールhttp://kabudoru.shop-pro.jp/

Powered by Seesaa


このBlogは「発見の日々」の作者blackcoffeeの糖尿病闘病記です。糖尿病のニュース。血糖値。高血糖。食品交換表。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...