増え続ける肥満 アメリカの話

太り続ける米国人、2030年には成人44%が肥満に « WIRED.jp

米国社会における肥満の傾向がいっそう顕著になっている。人々が食生活を変え、もっとたくさん運動するようにならなければ、2030年までに相当数の米国人が肥満となり、その結果、米国の医療費負担が最大で660億ドルも増加する可能性がある。

この驚くべき予想は、米国時間18日に米国保健信託(Trust for America’s Health、TFAH)とロバート・ウッド・ジョンソン財団が公開したレポート「F as in Fat: How Obesity Threatens America’s Future 2012」(PDFファイル)のなかで報告されたもの。このリポートは政府統計をもとに将来の肥満傾向を予想したもので、事態が現状のまま推移すれば米国では将来的に2型糖尿病、冠疾患やその他の疾患が大幅に増える可能性があるという。


他人事ではないのですが、経験上の予測ですが、豊かなアメリカ社会がいつしか格差社会になり、リーマンショック以後は経済的な問題を抱える人が増えています。そうなると健康志向が強くダイエットが社会的な強さのバロメーターでもあった社会が崩れ始めているということのような気がします。

もともと糖分の多い食品が多い国ですので、貧困やストレスから自己管理が難しくなると肥満が増えるという構図で、これは日本にも当てはまります。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

【私のブログ】
ソーシャル系広報ブログ『蛙の目』
https://ameblo.jp/blc/
私のソーシャルサービス
私のcoconalaサービスの解説
ご利用ください

高品質・低価格でプロから選ばれているモノクロ冊子専門の印刷会社|立葉印刷株式会社
立葉印刷