春は肝ケアが大切という話

その疲れや不調、肝臓が原因かも! 春こそやっておくべき「肝ケア」徹底ガイド| nikkei BPnet 〈日経BPネット〉

冬の寒さのピークが過ぎ、春の陽気を感じられる日もちらほら出てきた今日このごろ。でも「だるくて疲れが取れない」「目覚めが悪い」「肌や髪の調子もイマイチ…」といったことはないだろうか。その症状は、もしかしたら肝臓が疲れでぐったりしていることが原因かもしれない。  

漢方では、春は肝臓が活発に機能し始める時期とされている。冬の間に貯まった老廃物を“解毒”して、全身が元気よく動き始めるこのシーズンに肝ケアをおろそかにすると、長く体の不調を引きずることになりかねない。いまの時期こそ知っておきたい、肝臓をいたわる食事や生活習慣を紹介する。




>肝臓は多くの機能をつかさどるが、重要なのは二つなので覚えておいてほしい。

 一つは解毒機能だ。腸から吸収した栄養分はまず肝臓に入る。ここで体にとって不要なもの=毒となるものを分別して、体の外へ排出ルートに送り出す。有害物質も薬もアルコールも、この肝臓で分解処理されるのだ。

 もう一つの機能は、腸から吸収した栄養分を作り変え、体の中で使いやすい形にして全身に送り出すというもの。つまり、肝臓は私たちの肌も、髪も、血液も、筋肉も、全身を作るための材料を供給している“工場”なのだ。春のカラダ再生に、肝臓が最も大切なのはこのためだ。詳しくは「春の不調の原因は『お疲れ肝臓』と『へたれ腸』」を参考にしてほしい。

へたれ腸とお疲れ肝臓というのを覚えておきましょう。詳しくは上の記事を読んでください。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

【私のブログ】
ソーシャル系広報ブログ『蛙の目』
https://ameblo.jp/blc/
私のソーシャルサービス
私のcoconalaサービスの解説
ご利用ください

高品質・低価格でプロから選ばれているモノクロ冊子専門の印刷会社|立葉印刷株式会社
立葉印刷