2012年02月23日

必要な睡眠時間は年齢によって違う

Sankei Biz
快眠するには? 自分の「必要睡眠時間」を知ろう

> 不眠は高血圧のリスクを約2倍、2型糖尿病になるリスクを約2〜3倍にそれぞれ高めるとされる。65歳以上が鬱病になるリスクも約1・5倍にするなど心身に与える影響は大きい。

> どうすれば睡眠の質は高まるのか。日本大学医学部の内山真教授は「まず、自分にとってどれくらいの睡眠時間が必要かを知ること」と話す。

>不眠は高血圧のリスクを約2倍、2型糖尿病になるリスクを約2〜3倍にそれぞれ高めるとされる。65歳以上が鬱病になるリスクも約1・5倍にするなど心身に与える影響は大きい。

> 必要な睡眠時間は年齢によって変化するという。健康な人の睡眠時間の平均は、14歳=8時間▽25歳=7時間▽45歳=6・4時間▽65歳=6時間−など、個人差はあるが年齢を重ねると短くなることが確認されている。

大切なことが書いてあります。よく読んでみてください。
posted by ブラックコーヒー at 06:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 糖尿病ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/253636814

この記事へのトラックバック

★株ドル「名波はるか」のプレミアムショッピングモールhttp://kabudoru.shop-pro.jp/

Powered by Seesaa


このBlogは「発見の日々」の作者blackcoffeeの糖尿病闘病記です。糖尿病のニュース。血糖値。高血糖。食品交換表。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...