笑いの効用-血糖値を下げる効果

ストレス社会をぶっ飛ばせ! 治療に役立つ「笑い」の効用(1) - 週刊実話

現在では研究が進み、笑いにはさまざまな健康効果があることが明らかになっている。  

その1つは、NK(ナチュラルキラー)細胞の活性が高まることだ。私たちの体では日々、がん細胞ができているが、それを死滅させるのがNK細胞である。  

兵庫県の伊丹仁朗医師は、がん患者に吉本の落語や漫才、新喜劇を観劇してもらい、観る前と観た後のNK細胞の働き具合を調べた。  

その結果、観た後では、NK細胞が活性化していることが確認された。しかもその効果は、抗がん剤よりも上だったのだ。  

糖尿病についても、筑波大学の村上和雄名誉教授が、糖尿病の患者に漫才を観賞してもらった結果、血糖値を下げる効果があることが明らかになっている。  

免疫に関しても、I&gA(免疫グロブリン)という免疫たんぱくの研究から、笑いは免疫を高めるのに有効と分かっている。




この村上和雄先生というのはなかなか面白い人のようです。ストレスの多いこの頃、確かに笑いが大切かもしれません。

村上和雄 - Wikipedia

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

【私のブログ】
ソーシャル系広報ブログ『蛙の目』
https://ameblo.jp/blc/
私のソーシャルサービス
私のcoconalaサービスの解説
ご利用ください

高品質・低価格でプロから選ばれているモノクロ冊子専門の印刷会社|立葉印刷株式会社
立葉印刷