久々、いやまたまた大きなニュース-インスリン調節の鍵特定(東大)

東大でPI3Kというインスリンの分泌を活性化させる酵素の発見です。

インスリン調節の鍵特定 - MSN産経ニュース

血糖値を下げるインスリンの分泌を調節するのに重要な役割を果たし、鍵となる酵素を突き止めたと、東京大病院の植木浩二郎准教授、金子和真特任研究員らが米医学誌に発表した。  

PI3K
という酵素。インスリンの分泌を活性化させる一方、インスリンによってこの酵素は活性化する。  

糖尿病では、インスリンの分泌低下と酵素の働き低下が連鎖する悪循環が起きて悪化するため、この酵素の働きを高める薬を開発すれば悪循環を断つことができ、新たな糖尿病治療につながるという。  

植木さんらは、肥満の糖尿病マウスで、インスリンを分泌する膵臓(すいぞう)のベータ細胞を分析。このマウスでは、インスリンの分泌が低下するより前に、PI3Kの働きが低下、それが徐々に進行して糖尿病が悪化した。  

ベータ細胞だけでPI3Kが働かないようにしたマウスでは、人間の2型糖尿病のようにインスリンの分泌が低下し、分泌に重要な役割を果たすいくつかの分子の働きも低下した。

 一方、PI3Kが制御している別の酵素の働きを高めるとインスリンの分泌が改善した。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

【私のブログ】
ソーシャル系広報ブログ『蛙の目』
https://ameblo.jp/blc/
私のソーシャルサービス
私のcoconalaサービスの解説
ご利用ください

高品質・低価格でプロから選ばれているモノクロ冊子専門の印刷会社|立葉印刷株式会社
立葉印刷