日本、肥満対策効果で15万人死亡が減ったらしい-OECD推計

-----
18:45 47news (47NEWS)
日本、年間死者15万5千人減少 肥満対策でOECDが推計

http://bit.ly/bcmBcU

経済協力開発機構(OECD)は23日、学校で規則正しい食生活を教えたり、医師が個人カウンセリングをしたりするなどの総合的な肥満対策を講じれば、日本では慢性疾患による死者を年間15万5千人減らせるとした報告書「肥満と予防の経済学」を発表した。対策の費用は国民1人当たり年間19ドル(約1600円)と見積もった。


減らせたのではなく、減らせるということですね。

詳細な分析を希望した日本、イギリス、イタリア、カナダ、メキシコの5カ国について、世界保健機関(WHO)と共同で、肥満対策の効果で今後100年間で慢性疾患による死者数がどのくらい減少するかを推計。 

その結果、イタリアが年平均7万5千人、イギリスが7万人、メキシコが5万5千人、カナダが4万人で、日本の減少数が最も多くなった。


日本は高齢化が進んでいるので対策効果が大きくなるということのようです。

ただ糖尿病についていうと腹囲だけを見ていると隠れ糖尿病が見落としされることがあるので注意。痩せていても糖尿病のことがあります。もっとも高血圧症や心臓疾患などを考えるとまずは体重管理が大切であろうと思います。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

【私のブログ】
ソーシャル系広報ブログ『蛙の目』
https://ameblo.jp/blc/
私のソーシャルサービス
私のcoconalaサービスの解説
ご利用ください

高品質・低価格でプロから選ばれているモノクロ冊子専門の印刷会社|立葉印刷株式会社
立葉印刷