一駅前で降りて歩く-血糖値を下げる知恵

通勤歩行時間と糖尿病 | ビジネスパーソンのための健康ラボ | ダイヤモンド・オンライン
「1駅歩くようにしたくらいで―」。以前、友人にそう言われて、一笑に付されたことがあります。

 友人は40代半ばのビジネスマン。多忙と運動不足でお定まりの中年太り。メタボリックが気になるというので、「会社の行き帰りに1駅途中下車して歩いたら」とすすめたところ、返ってきた言葉がこれだったのです。

 少々ムッとしましたが、残念ながらそれ以上強くすすめる説得材料もなく、そのまま話はうやむやになってしまいました。

 その直後のこと。友人の態度に何となくわだかまりを抱えていた私におあつらえ向きのサプライズが。2007年5月に開かれた日本糖尿病学会で、内容もズバリ「通勤時の歩行時間が長いほど2型糖尿病の発症リスクが軽減される」という研究報告がされているのを見つけたのです。


だいぶ前の記事なのですが、こういう形でウォーキングができるということで載せました。

一駅前で降りて歩くと15分くらいですか?30分くらいがいいのですが。

個人的には最近、運動不足。寒いですから…。

できるだけ日常生活の中で歩くようにしています。

通勤電車を一駅前で降りるも実践してみます。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

【私のブログ】
ソーシャル系広報ブログ『蛙の目』
https://ameblo.jp/blc/
私のソーシャルサービス
私のcoconalaサービスの解説
ご利用ください

高品質・低価格でプロから選ばれているモノクロ冊子専門の印刷会社|立葉印刷株式会社
立葉印刷