すい臓β(ベータ)細胞も甘みを感じていた!

膵臓:甘み感じる細胞 糖尿病の新薬開発に期待 - 毎日jp(毎日新聞)

膵臓(すいぞう)のベータ細胞が舌と同じように甘みを感じ取ることを、群馬大生体調節研究所がマウス実験で突き止めた。糖分を含まない人工甘味料にも反応してインスリンを分泌するため、糖尿病の新薬開発につながると期待される。8日付の米科学誌「プロスワン」(電子版)に掲載された。

 膵臓はインスリンを分泌することで、血糖量を調節している。糖尿病は主にベータ細胞の数が減ったり、働きが落ちてインスリン分泌量に障害が発生し、血糖値が高い状態が続くようになる。

 研究チームは、マウスから取り出したベータ細胞に甘みを感じ取る甘味受容体があることを発見。スクラロースなどの人工甘味料を加えると、カルシウムとともにインスリン分泌を促すサイクリックAMPという物質が増加し、インスリンを分泌したという。

 研究グループの小島至教授(代謝学)は「今回発見した甘味受容体を刺激する強力な甘味料を作り、ベータ細胞まで届く方法を工夫すれば、糖尿病治療薬開発につながる」と話している。


すごい発見ですね!きっと。
期待したいです。砂糖以外の人工甘味料でβ細胞を刺激してインスリンを出そうという発想です。β細胞が騙されてインスリンを出せば糖分をとっても血糖値の上昇を防げるわけですね。

ちょっと注目していきたい発見です。

この記事へのコメント

  • なお

    読んでいて楽しかったです。ありがとうございます。
    2009年04月28日 18:42

この記事へのトラックバック

【私のブログ】
ソーシャル系広報ブログ『蛙の目』
https://ameblo.jp/blc/
私のソーシャルサービス
私のcoconalaサービスの解説
ご利用ください

高品質・低価格でプロから選ばれているモノクロ冊子専門の印刷会社|立葉印刷株式会社
立葉印刷